特別展・特別陳列

聖徳太子1400年遠忌記念 特別展

聖徳太子と法隆寺

令和3年(2021)4月27日 (火)~令和3年(2021)6月20日 (日)

会場東新館・西新館

令和3年は、聖徳太子の1400年忌という節目の年にあたります。本展では法隆寺の宝物を中心に、太子への篤い信仰が生み出した作品を一堂に展観いたします。

国宝 聖徳太子坐像
(奈良・法隆寺)

特別展

奈良博三昧
-至高の仏教美術コレクション-

令和3年(2021)7月17日 (土)~令和3年(2021)9月12日 (日)

会場東新館・西新館

当初の会期を変更して開催いたします。

奈良国立博物館は、明治28年(1895)にわが国2番目の博物館として開館し、仏教美術を展示・収集の重要な柱としてまいりました。本展は、仏像・仏画・古写経をはじめとする館蔵の優品の数々を通じて、日本仏教美術1400年の歴史を紹介するものです。奈良博コレクションの魅力を存分にご堪能下さい。

国宝 十一面観音像
(奈良国立博物館)

特集展示

新たに修理された文化財

令和3年(2021)12月21日 (火)~令和4年(2022)1月16日 (日)

特別展

国宝 聖林寺十一面観音
―三輪山信仰のみほとけ―

令和4年(2022)2月5日 (土)~令和4年(2022)3月27日 (日)

会場東新館

天平彫刻の名品として知られる聖林寺の国宝・十一面観音菩薩立像をはじめ、かつてこの仏像があった大神神社(おおみわじんじゃ)付属の大御輪寺(だいごりんじ)伝来の仏像や、大神神社の自然信仰を示す三輪山(みわやま)禁足地の出土品などを展示します。

国宝 十一面観音立像
(奈良 聖林寺)

お水取り

令和4年(2022)2月5日 (土)~令和4年(2022)3月27日 (日)

  • デジタルビューア
  • e国賓
  • なら仏像館
  • ColBase