特別展

特別展

第74回 正倉院展

令和4年(2022)10月29日 (土)~令和4年(2022)11月14日 (月)

東新館・西新館

天平の息吹を今に伝える正倉院宝物。千年の時を経て、なお燦然と輝く至宝の数々を、錦秋の奈良でじっくりとご堪能ください。

北倉 漆背金銀平脱八角鏡

式年造替記念特別展

春日大社 若宮国宝展
―祈りの王朝文化―

令和4年(2022)12月10日 (土)~令和5年(2023)1月22日 (日)

東新館・西新館

今年、春日大社の若宮社殿(重要文化財)を刷新する大事業(御造替)が完了いたします。千年の伝統を誇る歴史的行事の成功を記念して、若宮神にかかわる国宝や重要文化財を一堂に集めた特別展を開催します。平安時代の最高峰の工芸品に、王朝文化の輝きを発見して頂ければ幸いです。

国宝 若宮御料古神宝類 銀鶴
(奈良 春日大社)

特別陳列

お水取り

令和5年(2023)2月4日 (土)~令和5年(2023)3月19日 (日)

東新館

奈良時代から一度の中断もなく続く東大寺二月堂の「お水取り」。本展では、「お水取り」や二月堂にまつわる絵画、工芸品、典籍等を展示し、その歴史と信仰を紹介します。

重要文化財 類秘抄十一面
(奈良国立博物館)

特集展示

新たに修理された文化財

令和5年(2023)2月21日 (火)~令和5年(2023)3月19日 (日)

西新館

近年当館が実施した修理事業で修理した作品を展示し、修理内容をパネルでご紹介します。

浄瑠璃寺九体阿弥陀修理完成記念 特別展

聖地 南山城
―奈良と京都を結ぶ祈りの至宝―(仮)

令和5年(2023)7月8日 (土)~令和5年(2023)9月3日 (日)

東新館・西新館

京都府の最南部、奈良市に隣接する地域は旧国名の山城国にちなんで、いま「南山城」と呼ばれています。本展では奈良との深い関わりのなかで南山城地域が育んだ、ゆたかな歴史や文化についてご紹介します。

国宝 阿弥陀如来坐像(9軀のうちその8)
(京都 浄瑠璃寺)
  • デジタルビューア
  • e国賓
  • なら仏像館
  • ColBase