特別陳列

特別陳列

お水取り

 奈良に春を呼ぶ行事とされる東大寺二月堂の「お水取り」は、正式には修二会(しゅにえ)といい、春を言祝(ことほ)ぐ仏教の法要です。夕刻に二月堂へ向かう練行衆(れんぎょうしゅう)の足下を明々と照らす「お松明(たいまつ)」がよく知られていますが、その根幹をなすのは本尊・十一面観音菩薩に日頃の罪過を懺悔(さんげ)して五穀豊穣・除災招福を祈る、「悔過(けか)」という儀式です。
 「お水取り」は東大寺の実忠和尚(じっちゅうかしょう)が天平勝宝四年(752)に創始したと伝えられます。それ以来「不退の行法」として、戦乱や火災などの幾度かの危機を乗り越えながら、様々な人々によって支えられ、1262回の長い歴史を刻んできました。高名な「お水取り」の儀式は3月12日の深夜に行われますが、実際には2月20日から月末までの前行(別火)、3月1日から14日(15日未明)までの本行を合わせ、約1ヶ月間にわたり様々な儀礼が執り行われます。
 「お水取り」の行われる期間に合わせて行う本展覧会では、法会にかつて使用された法具や、儀式の有様を伝える文書、東大寺ゆかりの絵画・出土品などの展示品を通じて、あまり一般には知られていない「お水取り」の実相を紹介致します。

二月堂曼荼羅(部分)
(奈良・東大寺)

会 期

平成26年(2014)2月8日(土)~3月16日(日)

会 場

奈良国立博物館 西新館

休館日

2月17日(月)、24日(月)
※2月10日(月)、3月3日(月)・10日(月)は開館

開館時間

午前9時30分~午後5時
※入館は閉館の30分前まで
※2月8日(土)~2月14日(金)は午後8時30分まで開館(「なら瑠璃絵」開催期間中)
※3月12日(水)は午後7時まで開館(二月堂 籠松明の日)
※3月1日(土)~11日(火)・13日(木)・14日(金)は午後6時まで開館(二月堂 お松明の期間)

観覧料金

 一般大学生
個人500円250円
団体400円200円
  • 団体は20名以上です。
  • 高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
  • 2月22日(土)にご夫婦で観覧される方は、一般料金の半額になります(毎月22日を[夫婦の日]としています)。
  • 中学生以下の子どもと一緒に観覧される方は、団体料金が適用になります。[子どもといっしょ割引]
  • この観覧料金で、同時開催の名品展(なら仏像館・青銅器館)もご覧になれます。  

出陳品

62件(うち重要文化財16件)

公開講座

終了いたしました

平成26年(2014)2月15日(土)「不退の行法、東大寺修二会(お水取り)」
北河原 公敬師(東大寺長老・東大寺総合文化センター総長)

平成26年(2014)2月23日(日)「お水取り752-2014」
西山 厚(当館学芸部長) 

関連催事

終了いたしました

平成26年(2014)2月16日(日)『お水取り「講話」と「粥」の会』

平成26年(2014)3月4日(火)「お水取り展鑑賞とお松明」

ボランティア解説

終了いたしました

当館ボランティアが、展示のミニ・ツアーガイドをおこないます。
日時:3月1日~3月14日の毎日 14:00~(約30分)

主催

奈良国立博物館、東大寺、仏教美術協会

チラシ

主な出陳品

重要文化財 銅三鈷鐃(堂司鈴)
[どうさんこにょう(どうつかされい)]

奈良・東大寺
銅製 鎌倉時代 弘安8年(1285)

修二会の進行を監督する堂司(どうつかさ)の持ち物です。球体部分が鈴になっており、法会の時々に振り鳴らしました。歴代の堂司の名前を記した付箋(ふせん)が結び付けられています。

二月堂縁起(上巻・部分)
[にがつどうえんぎ]

奈良・東大寺
紙本著色 室町時代 天文14年(1545)

修二会の創始から二月堂観音の利益(りやく)までの説話をあらわした絵巻です。写真は、本尊の十一面観音に供える香水(こうずい)が湧き出た場面です。画面下の岩から白黒二羽の鵜(う)が飛び出し、そこから香水が湧き出しました。現在の閼伽井屋(あかいや)はその場所で、この香水を汲むことから修二会は「お水取り」とも呼ばれているのです。

重要文化財 類秘抄 十一面巻
[るいひしょう]

当館
紙本白描 鎌倉時代 承久2年(1220)

勧修寺(かじゅうじ)の寛信(かんじん)が編んだ図像集です。本品は弟子の興然(こうねん)が師自筆の草稿本を写したものを、さらに明恵(みょうえ)の高弟・定真(じょうしん)が写したものです。そのなかで「東大寺印蔵像」と記されるのが、修二会(しゅにえ)後半の本尊となる絶対秘仏の小観音(こがんのん)です。

香水壺
[こうずいつぼ]

奈良・東大寺
銅製 桃山時代 天正6年(1578)

鋳造(ちゅうぞう)製で挽物(ひきもの)仕上げがなされた壺(つぼ)です。閼伽井(あかい)から汲み上げた香水(こうずい)を入れた容器と考えられます。肩周りの線刻銘(せんこくめい)により、天正6年(1578)に二月堂大宿所(おおじゅくしょ)に寄進されたことがわかります。

重要文化財 香水杓
[こうずいしゃく]

奈良・東大寺
銅製 鎌倉時代
上:建長7年(1255) 下:建長5年(1253)

二月堂(にがつどう)本尊(ほんぞん)に香水(こうずい)を供えた後、堂内の参詣者(さんけいしゃ)に香水を分ける際に柄杓(ひしゃく)として用いたもので、注口のついた形はお水取り独特のものです。壺(つぼ)の側面に線刻銘(せんこくめい)があり、施入者(せにゅうしゃ)がわかります。

二月堂曼荼羅
[にがつどうまんだら]

奈良・東大寺
絹本著色 室町時代(16世紀)
※展示期間:2/25~3/16

修二会(お水取り)の本尊である十一面観音が、雲に乗って二月堂の上空に現れています。右下の閼伽井屋(あかいや)付近には黒・白二羽の鵜(う)が描かれ、鵜に続いて香水(こうずい)が湧き出たという修二会の創始にかかわる説話を表しています。説話では、二月堂の本尊は閼伽器(あかき)の上に乗って海の彼方から現れたとされますが、この絵では雲に乗って現れる「来迎(らいごう)」の姿で表されるのが印象的です。

東大寺曼荼羅
[とうだいじまんだら]

当館
絹本著色 室町時代(16世紀)
※展示期間:2/25~3/16

東大寺の伽藍(がらん)を描いた絵画。寺僧や参詣者の男女も描き込まれ境内は賑(にぎ)わっています。下方に大きく描かれるのが大仏殿で、左上にはお水取りが行われる二月堂も見えます。ただし景観を写すだけではなく、二月堂の手前には良弁(ろうべん)と執金剛神(しゅこんごうしん)にまつわる縁起(伝説)も描いています。

東大寺縁起
[とうだいじえんぎ]

当館
絹本著色 室町時代(16世紀)
※展示期間:2/25~3/16

東大寺の様子を描く絵画です。正面は大仏殿で、人々が集まり儀式が執り行われています。大仏殿以外の建物は省略しながら描いていますが、上の方を見ると右上には手向山(たむけやま)八幡宮、左上に二月堂が見えます。この絵画の描かれた時代にも二月堂が信仰を集めていたことを反映しているのでしょう。

紺紙銀字華厳経(二月堂焼経)
[こんしぎんじけごんきょう]

当館
紺紙銀字 奈良時代(8世紀)

2月5日の実忠忌に用いられたと考えられている六十巻本の『華厳経』で、江戸時代に二月堂が全焼した際、焼け跡から発見されました。紺紙に銀泥(ぎんでい)で界線を施し、同じく銀泥で経文を書写しています。一部は焼け焦げながらも、紺色の料紙に浮かび上がる銀色の文字は独特の美しさを醸し出しています。

  • デジタルビューア
  • e国賓
  • なら仏像館
  • ColBase