特別陳列

特別陳列

おん祭と春日信仰の美術

 春日若宮おん祭は、歳末を奈良を彩る一大祭事として、人々に親しまれています。この祭は春日大社の摂社・若宮神社の祭礼で、長年本社の大祭・春日祭とは別に大和国一国を挙げて盛大に行われてきました。
 おん祭は、長承4年(1135)の若宮社の創建・御遷座を承けて翌保延2年(1136)9月17日に始行されました。後に祭礼日は変わりましたが、途切れることなく続けられ、今年で877回目を数えます。おん祭では、行宮に遷座された若宮神のもとに芸能者や祭礼の参加者が詣でる風流行列が特に高名で、平安以来時々の風俗・流行を取り入れながら行われてきました。また田楽、舞楽、猿楽などの華やかな芸能が行われるのも特徴で、昭和54年(1979)には「春日若宮おん祭の神事芸能」として国の重要無形民俗文化財に指定されております。
 本展覧会は、この伝統あるおん祭を取り上げ、絵画、文献史料等を通じて、その歴史と祭礼の一端を展示するものです。本年は江戸時代におん祭を描いた絵画を特集し、新出作品、初公開を含む10数点を一堂に会します。
 また、併せて春日社の社家が担った文芸活動をテーマに、高名な春日懐紙をはじめ南都ゆかりの和歌集、日記、連歌資料などを展示します。名蹟として知られる春日若宮神主祐茂百首和歌は特に注目されます。
 このほか春日曼荼羅の優品、春日講の関連品などの展示を通じて、春日信仰の広がりと多様性を概観致します。

春日鹿曼荼羅
(奈良・西城戸町自治会)

会 期

平成24年(2012)12月8日(土)~平成25年(2013)1月20日(日)

会 場

奈良国立博物館 西新館(第2・3室)

休館日

12月10日(月)、25日(火)、1月1日(火)、7日(月)、15日(火)

開館時間

午前9時30分~午後5時
※12月17日(月)は午後7時まで開館
※入館は閉館の30分前まで

観覧料金

 一般大学生
個人500円250円
団体400円200円
  • 団体は責任者が引率する20名以上です。
  • 高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
  • この観覧料金で、同時開催の名品展(なら仏像館・青銅器館・西新館 第1室)も ご覧になれます。
  • 子ども(中学生以下)と一緒に観覧される方[子どもといっしょ割引]、 12月17日(月)の午後5時以降に観覧される方[レイト割引]は、団体料金(一般400円、大学生200円)が適用になります。
  • 12月22日(土)にご夫婦で観覧される方[夫婦の日割引]は、一般料金の半額になります。(毎月22日を[夫婦の日]としています)
  • 成人の日(平成25年1月14日)は、新成人の方は無料になります。

出陳品

50件(うち重要文化財5件)

展覧会図録

A4版 76ページ 1,500円
*地下ミュージアムショップにて販売しております 。
*図録の購入はこちらへ 

 

公開講座

終了いたしました

平成24年(2012)12月8日(土)「江戸時代のおん祭」
岡本 彰夫氏(春日大社権宮司)

主催

奈良国立博物館、春日大社、仏教美術協会

協力

東京大学史料編纂所

主な出陳品

春日若宮御祭図屏風 左隻 
[かすがわかみやおんまつりずびょうぶ]

奈良県立美術館

春日若宮御祭図屏風 右隻
[かすがわかみやおんまつりずびょうぶ]

奈良県立美術館

春日若宮祭礼図屏風 左隻
[かすがわかみやさいれいずびょうぶ]

個人蔵

春日若宮祭礼図屏風 右隻
[かすがわかみやさいれいずびょうぶ]

個人蔵

春日若宮御祭礼絵巻 上巻
[かすがわかみやごさいれいえまき]

奈良・春日大社

春日若宮祭礼絵巻
[かすがわかみやさいれいえまき]

国立歴史民俗博物館

重要文化財 古葉略類聚抄
[こようりゃくるいじゅしょう]

奈良・興福院

重要文化財 春日若宮神主祐茂百首和歌 巻頭
[かすがわかみやかんぬしすけもちひゃくしゅわか]

国立歴史民俗博物館

重要文化財 春日懐紙
[かすがかいし]

国文学研究資料館

春日社興福寺境内図
[かすがしゃこうふくじけいだいず]

奈良・春日大社

春日鹿曼荼羅
[かすがしかまんだら]

奈良・西城戸町

重要文化財 春日宮曼荼羅
[かすがみやまんだら]

奈良・南市町自治会

  • デジタルビューア
  • e国賓
  • なら仏像館
  • ColBase