特別陳列

特別陳列

おん祭と春日信仰の美術

  歳末の奈良を彩る風物詩・春日若宮おん祭は、平安時代の保延二年(1136)9月17日にはじまったとされています。その後祭日は、室町時代から11月27日、明治十一年(1878)からは現行の12月17日と変わりましたが、その間絶えることなく続いたとされ、今年で875回を数えます。  
 この展覧会は、おん祭の行われる季節に合わせ、主祭神である若宮神やおん祭に関わる品々を集め、展示を通じておん祭の一端を紹介する企画です。今回は奈良に都が置かれた時代にその祖型が伝わり、後に日本を代表する芸能へと育っていった能楽(猿楽)に注目し、面や装束、楽器など関連資料を展示します。また、春日社を氏社とする藤原氏の祖霊神として尊崇された春日三宮に注目し、その本地仏と目された地蔵菩薩への信仰を中心に取り上げます。加えて、春日講に関係する資料を通じて春日信仰の広がりと多様性を感じていただければ幸いです。

春日赤童子像
(奈良・植槻八幡神社)

会 期

平成22年(2010)12月7日(火)~平成23年(2011)1月16日(日)

会 場

奈良国立博物館 東新館

休館日

毎週月曜日(祝日の場合はその翌日) ・ 1月1日(土・祝)

開館時間

午前9時30分~午後5時
※入館は閉館の30分前まで
※12月17日(金)は午後7時まで開館

観覧料金

 一般大学生
個人500円250円
団体400円200円
  • 団体は20名以上です。
  • 高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
  • 12月22日(水)にご夫婦で観覧される方は、一般料金の半額になります。(毎月22日を[夫婦の日]としています)
  • 子どもといっしょ割引[中学生以下の子どもと一緒に観覧される方]、レイト割引[12月17日(金)の午後5時以降に観覧される方)]は、団体料金が適用になります。
  • 成人の日(平成23年1月10日)は、今年度に成人を迎えられた方の観覧料が無料となります。  

出陳品

公開講座

終了いたしました

平成22年(2010)12月11日(土)「若宮おん祭と大和の猿楽-猿楽の座の年初め-」
講師:宮本 圭造氏(法政大学准教授)

主 催

奈良国立博物館、春日大社、仏教美術協会

後 援

平城遷都1300年記念事業協会

主な出陳品

春日赤童子像
[かすがあかどうじぞう]

奈良・植槻八幡神社

春日若宮御祭礼絵巻 中巻
[かすがわかみやごさいれいえまき]

奈良・春日大社

春日若宮御祭礼絵巻 下巻
[かすがわかみやごさいれいえまき]

奈良・春日大社

風姿家伝
[ふうしかでん]

奈良・宝山寺

重文 春日浄土曼荼羅
[かすがじょうどまんだら]

奈良・能満院

重文 春日宮曼荼羅
[かすがみやまんだら]

奈良・南市町自治会

  • デジタルビューア
  • e国賓
  • なら仏像館
  • ColBase