特別陳列

特別陳列

やまとの匠
―近世から現代まで―

 みなさんは、奥田木白(おくだもくはく)や森川杜園(もりかわとえん)を知っていますか? 上田宗品(うえだそうほん)、安井出雲(やすいいずも)、吉田立斎(よしだりっさい)、細谷而楽(ほそやじらく)、祐森米斎(ゆうもりべいさい)を知っていますか?
 1300年にも及ぶ長い奈良の歴史をたどっていくと、時代が新しくなるにつれて知らない事柄がふえていくことに気付きます。1200年以上も前の奈良時代の奈良についてはある程度知っているのに、200年前の江戸時代の奈良についてはほとんど何も知らない。おそらく大多数の方々がそうであろうと思います。
 では、江戸時代から現代まで、奈良にはみるべきものがなかったのでしょうか。もちろんそんなことはありません。江戸時代には公慶上人による東大寺の大仏と大仏殿の復興もあって、奈良には全国からたくさんの参詣者が訪れるようになっていました。工芸の世界にも多くの名工が現れて、春日社・興福寺などの社寺とも関わりながら、さまざまな作品を残しています。明治時代には、正倉院宝物の技法や意匠を学びつつ、伝統をふまえた新しい作品が生み出されました。
 この特別陳列は、忘れられがちな奈良の近世と近代の工芸品を、現代の匠の作品とあわせて展示する、初めての展覧会です。約150件の作品から、知られざるもうひとつの奈良の姿が浮かびあがります。

白鹿
(個人蔵)
福良雀
(個人蔵)

会 期

平成18年(2006)6月10日(土)~7月9日(日)

会 場

奈良国立博物館 東新館

休館日

毎週月曜日

開館時間

9時30分~17時
毎週金曜日は19時まで開館します。
(入館は閉館30分前まで)

観覧料金

当日団体
一般 420 円210 円
高校・大学生 130 円70 円
中学生以下 無料無料

※障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)および70歳以上の方は無料。
※この料金で平常展もご覧いただけます。

出陳品

約150件

公開講座

終了いたしました

平成18年(2006)6月24日(土)「近世大和の文化」
岡本 彰夫(春日大社権宮司)

※午後1時30分より、当館講堂にて。定員200名。聴講無料(午後1時より開場、講堂入口で整理券を配布します)。

主 催

奈良国立博物館

主な出陳品

後高砂
[のちのたかさご]

1躰
森川杜園(もりかわとえん)
[文政3(1820)-明治27(1894)]作
木造彩色、高35.6cm 幅19.5cm、江戸時代
個人蔵

立雛
[たちびな]

1組
森川杜園(もりかわとえん)
[文政3(1820)-明治27(1894)]作
木造彩色、内裏:高26.7cm、幅14.3cm
雛:高18.8cm、幅7.7cm、江戸~明治時代
個人蔵

聖武天皇像
[しょうむてんのうぞう]

1幅
森川杜園(もりかわとえん)
[文政3(1820)-明治27(1894)]作
紙本墨画、本紙:縦52.5cm、横38.5cm、明治時代
個人蔵

干支人形
[えとにんぎょう]

5躰
竹林履中斎(たけばやしりちゅうさい)[明治2(1869)-昭和24(1949)]作
木造彩色、寅:高15.4cm 幅16.8cm、卯:高7.6cm 幅11.3cm、大正時代
個人蔵

走り大黒
[はしりだいこく]

1躰
竹林履中斎(たけばやしりちゅうさい)
[明治2(1869)-明治24(1949)]作
木造、総高25.5cm 像高19.5cm、大正時代
個人蔵


[きぬた]

1躰
寺瀬三楽(てらせさんらく)
[明治7(1874)-昭和8(1933)]作
木造彩色、高32.5cm 幅16.8cm、大正時代
個人蔵

白鹿
[はくろく]

1躰
寺瀬三楽(てらせさんらく)
[明治7(1874)-昭和8(1933)]作
木造彩色、高39.2cm 長37.5cm、大正時代
個人蔵

古赤膚茶碗(遠州判)
[こあかはだちゃわん(えんしゅうばん)]

1口
作者不詳
陶製、高8.6cm 口径13.0cm、江戸時代
個人蔵

奈良絵茶碗
[ならえちゃわん]

1口
奥田木白(おくだもくはく)
[寛政12(1800)-明治4(1871)]作
陶製、高8.6cm 口径11.2cm、江戸時代
個人蔵

海老熨斗鎮
[えびのしおさえ]

1個
奥田木白(おくだもくはく)
[寛政12(1800)-明治4(1871)]作
陶製、高8.0cm 長13.4cm、江戸時代
個人蔵

富士山香炉
[ふじさんのこうろ]

1合
安井出雲(やすいいずも)
[文政元(1818)-明治12(1879)]作
陶製、高10.2cm 幅18.3cm、江戸時代
個人蔵

短冊筥
[たんざくばこ]

1合
吉田包春(よしだほうしゅん)
[明治11(1878)-昭和24(1949)]作
木製漆塗、高5.5cm、長39.8cm、大正時代
個人蔵

十徳
[じっとく]

1口
栗原徳蔵(くりはらとくぞう)
[明治36(1903)-昭和61(1986)]作
木製漆塗、高34.5cm 幅29.4cm、昭和時代
個人蔵

春日瑠璃燈籠写
[かすがるりとうろううつし]

1基
坂本曲斎〈二代〉(さかもときょくさい)
[明治42(1909)-昭和56(1981)]作
木製漆塗・ガラス玉、高31.5cm 幅33.5cm、昭和時代
個人蔵

御福像
[おふくぞう]

1躰
市川銕琅(いちかわてつろう)
[明治34(1901)-昭和62(1987)]作
木製彩色、高21.8cm、幅9.5cm、昭和時代
個人蔵

翁像
[おきなぞう]

1躰
細谷而楽(ほそやじらく)
[明治8(1875)-昭和15(1940)]作
乾漆彩色、像高36.3cm、幅18.7cm、昭和時代
個人蔵

福良雀
[ふくらすずめ]

左:森川杜園(もりかわとえん)作、木造彩色
右:岡野松壽(おかのしょうじゅ)作、木造彩色
中:奥田木白(おくだもくはく)作、陶製
江戸時代
個人蔵

  • デジタルビューア
  • e国賓
  • なら仏像館
  • ColBase