特別陳列

特別陳列

お水取り

 お水取りは東大寺の二月堂でおこなわれる仏教法会で、正式には修二会(しゅにえ)といいます。法会の目的は、仏の前で罪過を懺悔(さんげ)すること(悔過(けか))。現在は3月1日から14日までおこなわれ、その間、心身を清めた僧((れん)(ぎょう)(しゅう))が十一面観音の前で宝号を唱え、懺悔し、あわせて天下(てんか)安穏(あんのん)などを祈願します。
 お水取り(修二会)は、天平勝宝4年(752)に東大寺の(じっ)(ちゅう)和尚(かしょう)が初めて十一面悔過を執行して以来、一度も絶えることがなく不退(ふたい)行法(ぎょうぼう)として1270年にわたって勤め続けられてきました。そこには東大寺が歩んできた長い歴史が刻み込まれています。
 本展は、毎年、東大寺でお水取りがおこなわれるこの時季にあわせて開催する恒例の企画です。実際に法会で用いられた法具や、歴史と伝統を伝える絵画、古文書、出土品などを展示し、お水取り(修二会)への理解が深まる一助となることを企図しています。

二月堂縁起絵巻・下巻
(奈良 東大寺)

会 期

令和4年(2022)2月5日(土)~3月27日(日)

会 場

奈良国立博物館 西新館

休館日

2月7日(月)・21日(月)・28日(月)、3月22日(火)

開館時間

午前9時30分~午後5時(毎週土曜日は午後7時まで)
※入館は閉館の30分前まで

観覧料金

一般大学生
700円350円
  • 高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳またはミライロID(スマートフォン向け障害者手帳アプリ)をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
  • 高校生以下および18歳未満の方と一緒に観覧される方は、一般100円引き、大学生50円引きです(親子割引)。
  • この観覧料金で、同時期開催の名品展「珠玉の仏たち」・「中国古代青銅器」、3月1日(火)より特集展示「新たに修理された文化財」をご覧になれます。
    ただし、特別展「国宝 聖林寺十一面観音」は別料金になります。

公開講座

講座の聴講には事前の申し込みが必要です。
ホームページ「ならはく教育普及室」内「公開講座」ページの申し込みフォームより必要事項を入力の上、お申込みください。

◆令和4年(2022)2月19日 (土)「不退の行法、東大寺修二会(お水取り)」
講師:北河原 公敬 師(東大寺長老)

時間午後1時30分~3時(午後1時開場)
会場当館講堂
定員90名(事前申込先着順)
申込方法ホームページ「ならはく教育普及室」内「公開講座」ページの申込みフォームより必要事項を入力の上、お申込みください(web申込のみとなります)。
受付期間1月24日(月)午前10時~2月18日(金)午後5時まで。
  • 聴講無料(展覧会観覧券等の提示は不要です)。
  • 聴講には事前申込が必要です(当日申込でのご参加はできません)。
  • 入場の際には、受付完了メール画面をご提示ください。
  • 応募はお1人様1回でお願いいたします。
  • 定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

主催

奈良国立博物館、東大寺、仏教美術協会

チラシ

  • デジタルビューア
  • e国賓
  • なら仏像館
  • ColBase