特別展・特別陳列

特別展

大安寺のすべて
―天平のみほとけと祈り―

 わが国最初の天皇発願の寺を原点とし、平城京に壮大な寺地と伽藍を構えた大安寺。東大寺や興福寺などとともに南都七大寺の1つに数えられ、一時期を除き筆頭寺院としての格を有していました。また、1000人にも及ぼうかという国内外の僧侶達がここを学び場とし、後に諸方面で活躍しました。まさに大安寺は時代をリードする大寺院だったのです。本展では、1300年の時を経て今に法灯を伝える大寺の歴史を、寺宝、関連作品、発掘調査成果など様々な角度からご紹介します。

重要文化財 伝楊柳観音立像
(奈良 大安寺)

会 期

令和4年(2022)4月23日(土)~6月19日(日)

会 場

奈良国立博物館

休館日

毎週月曜日
※ただし5月2日(月)は開館

開館時間

9時30分~17時(4月29日(金)~5月7日(土)は19時まで)
※入館は閉館の30分前まで

観覧料金

当日前売
一般1,800円1,600円
高大生1,500円1,300円
小中生800円600円

主催

奈良国立博物館、日本経済新聞社、NHK奈良放送局、NHKエンタープライズ近畿

特別協力

大安寺

協力

中川政七商店、奈良 蔦屋書店、日本香堂、仏教美術協会

  • デジタルビューア
  • e国賓
  • なら仏像館
  • ColBase