特別展・特別陳列

特別展

武家のみやこ 鎌倉の仏像
―迫真とエキゾチシズム―

 治承4年(1180)、平家の軍勢によって奈良の地は焼き討ちされました。このとき、東大寺の再建に心血を注いだのは大勧進俊乗房(しゅんじょうぼう)重源(ちょうげん)であり、檀越(だんおつ)として復興事業に多大な貢献をなしたのが、新たな覇者として登場し、鎌倉に幕府を開いた源頼朝でした。
 奈良の寺々において仏像の再興造立に活躍したのは、重源が重用した康慶・運慶・快慶ら慶派の仏師たちですが、彼らの活躍の場は奈良にとどまらず、鎌倉や東国にも広がったのです。それは頼朝やその配下の御家人たちが、自らが建立した寺院の造仏に、競って彼ら慶派仏師を起用したことによるものです。
 重源は、中国・宋の仏教美術を移入することに積極的でした。このため慶派の作品にも宋の影響が認められます。しかし新たに政権を握った武家の都として重きをなした鎌倉には、蒙古軍の侵攻を逃れて日本に亡命した中国僧たちによって、より直接的に宋風文化が伝えられたため、仏教造像の場においても中国風の作品が相ついで生み出されたのです。
 昭和3年(1928)に開館した鎌倉国宝館には、この地域の貴重な作品の数々が寄託・所蔵され、鎌倉や東国の仏教美術、わけても仏像の全貌を把握することのできる優れた作品が常時展観されています。
 本展は、鎌倉国宝館に寄託・所蔵される仏教彫刻と仏画の優品に加え、近隣の寺院からも尊像の出陳を賜り、それらを一堂に会することによって、奈良から生まれ、鎌倉で結実した仏像の諸相の展観を目指すものです。関東の外においてまとまって展示される初の試みであり、とりわけ鎌倉時代彫刻発祥の地ともいうべき奈良で公開されることの意義は大きいと考えます。この機会にぜひご観覧下さい。

十二神将立像のうち 戌神
(神奈川・鎌倉国宝館)


会 期

平成26年(2014)4月5日(土)~6月1日(日)

会 場

奈良国立博物館 東新館・西新館

休館日

毎週月曜日
※ただし4月28日(月)、5月5日(月・祝)は開館し、5月7日(水)は休館

開館時間

午前9時30分~午後5時
※入館は閉館の30分前まで
※4月25日(金)以降の毎週金曜日は午後7時まで開館

観覧料金

 一般高校・大学生小・中学生
個人(当日)1,300円800円500円
団体1,100円600円300円
前売1,100円600円300円
  • 団体は20名以上です。
  • 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
  • この料金で、同時開催の名品展「珠玉の仏たち」(なら仏像館)、名品展「中国古代青銅器」(青銅器館)も観覧できます。
  • 奈良国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を400円でお求めいただけます。観覧券売場にてキャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証をご提示ください。
  • 「ミュージアムぐるっとパス・関西2014」で、当日券を一般は1200円でお求めいただけます。観覧券売場にてお申し出ください。
  • 「奈良トライアングルミュージアムズ」の特典として、奈良県立美術館・入江泰吉記念奈良市写真美術館のいずれかの半券を当館観覧券売場にてご提示いただくと、団体割引が適用となります。
  • 前売券の販売は、3月5日(水)から4月4日(金)までです。
  • 当日券は、当館観覧券売場のほか、近鉄の主要駅、近畿日本ツーリスト、JR東海ツアーズ、日本旅行、チケットぴあ(Pコード766-073)、ローソンチケット(Lコード52499)、セブンチケット(セブンコード028-137)、CNプレイガイド、イープラス(http://eplus.jp)などで販売します。

出陳品

出陳品 53件(うち重要文化財26件)

展覧会図録

 A4版 150ページ 1,600円
*西新館1階会場内および、地下ミュージアムショップにて販売しております 。
*図録の購入はこちらへ 

音声ガイド

音声ガイド(日本語のみ)は、515円でご利用いただけます。会場受付にてお申し付けください。

公開講座

終了いたしました

平成26年(2014)4月19日(土)「中世律宗の鎌倉進出と善派仏師」
講師:山口 隆介(当館学芸部研究員)

平成26年(2014)5月10日(土)「鎌倉の仏像に見るエキゾチシズム」
講師:清水 眞澄氏(三井記念美術館長)

平成26年(2014)5月31日(土)「鎌倉地方で花開いた肖像彫刻」
講師:内藤 浩之(鎌倉国宝館副館長)

奈良国立博物館講座スタンプカードが始まりました。

講座を聴講してスタンプを集めましょう!

平日の特別展来場者へプレゼント

4月8日(火)~5月30日(金)
鎌倉国宝館所蔵の十二神将立像をデザインしたオリジナルメッセージカードを平日※の特別展来場者、各日先着1,000名様にプレゼントいたします。
配布する絵柄は日替わりとなります。(カードのサイズは名刺大となります。)
※配布日:火曜~金曜と4月28日(月)
(4月29日(火・祝)、5月6日(火・休)は除く。また、5月7日(水)は休館日のため実施しません。)

主催

奈良国立博物館、鎌倉国宝館、読売新聞社

後援

文化庁、NHK奈良放送局、奈良テレビ放送

協賛

あいおいニッセイ同和損保、岩谷産業、大伸社、大和ハウス工業、非破壊検査

協力

日本香堂、仏教美術協会

チラシ

お知らせ

公開は終了いたしました

読売新聞に本展が紹介されました!

読売新聞に本展の連載記事「武家のみやこの名宝」が掲載されました。

主な出陳品

神奈川県指定文化財 十二神将立像のうち 巳神
[ししん]

鎌倉国宝館
木造 古色 玉眼
像高 116.8~159.3cm
鎌倉時代(13世紀) 卯・未・申・亥の4躯は江戸時代(17世紀)

十二神将は、一般に薬師如来の周囲に配され、十二の方角や時間を守る武神で、十二支に割り当てられることが多い。12躯のうち、8躯(子・丑・寅・辰・巳・午・酉・戌)は鎌倉時代、のこる4躯(卯・未・申・亥)は江戸時代の制作とされる。前者8躯は、変化に富んだ表情や軽快な身振りに、鎌倉前期の慶派仏師の特色が認められる。このうち、巻き毛が特徴的な「戌神」の作域がもっともすぐれ、本群像の制作にあたった指導的仏師の手になると思われる。

神奈川県指定文化財 十二神将立像のうち 戌神
[じゅつしん]

鎌倉国宝館
木造 古色 玉眼
像高 116.8~159.3cm
鎌倉時代(13世紀) 卯・未・申・亥の4躯は江戸時代(17世紀)

十二神将は、一般に薬師如来の周囲に配され、十二の方角や時間を守る武神で、十二支に割り当てられることが多い。12躯のうち、8躯(子・丑・寅・辰・巳・午・酉・戌)は鎌倉時代、のこる4躯(卯・未・申・亥)は江戸時代の制作とされる。前者8躯は、変化に富んだ表情や軽快な身振りに、鎌倉前期の慶派仏師の特色が認められる。このうち、巻き毛が特徴的な「戌神」の作域がもっともすぐれ、本群像の制作にあたった指導的仏師の手になると思われる。

重要文化財 初江王坐像
[しょこうおうざぞう]

神奈川・円応寺
木造 古色 玉眼
像高 102.1㎝
鎌倉時代 建長3年(1251) 幸有作

初江王(しょこうおう)は、人間が死後に赴く冥界(めいかい)で、生前の罪を裁く十人の王のうちのひとり。もとは左手に木札、右手に筆を握った(ともに欠失)。顔の表情は怒りを内に秘めた忿怒の相をしめす。中国風の着衣は複雑かつ流麗な表現で、両手や脚の動きにも生彩がある。像内の銘文に「建長三年(1251)八月五日」の年紀と、「幸有(こうゆう)」という仏師(慶派とも関係ありか)の名が認められる。東国に伝わる鎌倉彫刻の白眉とされる作品。

神奈川県指定文化財 阿弥陀如来立像
[あみだにょらいりゅうぞう]

神奈川・浄妙寺
木造 漆箔・金泥塗・截金 玉眼
像高 87.3㎝
鎌倉時代(13世紀)

低い肉髻(にっけい)、髪際(はっさい)を正面で大きく湾曲させた髪形、眉とやや離れた切れ長の目、袈裟(けさ)の端を左肩から肘に大きくかける表現などが特徴的。本像は1260年前後の制作と推定され、西大寺流の真言律(しんごんりつ)寺院を中心に活躍したいわゆる善派(ぜんぱ)の系統に属する仏師によって制作されたと考えられている。13世紀後半の阿弥陀如来像の中でも際立った優品のひとつ。

重要文化財 観音菩薩坐像
[かんのんぼさつざぞう]

神奈川・浄光明寺
木造 金泥塗・截金 玉眼
像高 106.9cm
鎌倉時代(13世紀)

浄光明寺(じょうこうみょうじ)は、建長3年(1251)、鎌倉幕府六代執権(しっけん)北条長時(ほうじょうながとき)(1230~64)によって建立された。本尊は阿弥陀如来像(あみだにょらいぞう)。本像はその左脇侍で、蓮華の柄を執り、中尊のほうへ頭部を少しかしげて安坐(あんざ)する。ヒノキ材の寄木造(よせぎづくり)で、玉眼(ぎょくがん)を嵌入(かんにゅう)する。表面に金泥(きんでい)を塗り、着衣部には截金(きりかね)文様を施す。 なまめいた表情、高く装飾的に結い上げられた髻(もとどり)、なで肩でしなやかな体躯(たいく)など、随所に現実感を強調する傾向がうかがえる。こうした点は、1230年代の鎌倉で事績を残した仏師肥後定慶(ひごじょうけい)(1184~?)の作風を継承し、発展させたものといえるが、同時に善派系仏師の作である可能性も考えられる。

重要文化財 伽藍神像
[がらんじんぞう]

神奈川・建長寺
木造 彩色 玉眼・彫眼
像高 その1:97.5cm、その2:98.6cm、その3:94.7cm、その4:132.2cm、その5:129.5cm
鎌倉時代(13世紀)

かつて建長寺の土地堂(つちどう)と称される堂にまつられ、いま仏殿奥の一角に安置される伽藍神像である。伽藍神は元来土地神と称される道教(どうきょう)神であり、集落の守護神もしくは福徳神としての性格を有していた。この土地神が仏教に取り入れられ、日本では京都・泉涌寺(せんにゅうじ)を中心とした北京律(ほっきょうりつ)系の寺院や禅宗で特に信仰されるようになる。
本像は現存する伽藍神中の最古例であり、その造立は建長5年(1253)に落慶した建長寺の創建期まで遡ると考えられる。写真の像は、建長寺開山の中国僧・蘭渓(らんけい)道隆(どうりゅう)に日本への渡航を勧めたとされる張大帝(ちょうだいてい)と考えられている。極端にえらが張り、髭(ひげ)を植毛(亡失)であらわす怪異な容貌(ようぼう)はきわめて異国風が強い。日本独自の技法とされる玉眼(ぎょくがん)を用いていることから国内での造像と考えられるが、作風からは中国僧である蘭渓道隆の直接的な指導が想定される。

神奈川県指定文化財 水月観音菩薩遊戯坐像
[すいげつかんのんぼさつゆげざぞう]

神奈川・東慶寺
木造 金泥塗・彩色・截金 玉眼
像高 41.7cm
鎌倉時代(13世紀)

水月観音(すいげつかんのん)は三十三観音のひとつ。岩上にゆったりと坐し、水面(みなも)に映る月を観ずる姿は、諸法に実体がないと悟ることの象徴であるという。端麗な容貌(ようぼう)としなやかな姿態による優美な雰囲気がとくに印象的で、類品中屈指の美作として名高い。
片腕を岩上につき、片足を踏下(ふみさ)げてくつろぐ坐法は、「遊戯坐(ゆげざ)」と称され、禅宗の浸透にともない鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて鎌倉周辺地域で制作された。髻(もとどり)を頭巾(ときん)で包み、腹部に裙(くん)の上縁と帯の結び目をあらわす本像の形式には宋・元風が濃厚で、将来仏画や水墨画などに深く依拠しながら制作されたことが推測される。
ヒノキ材の寄木造(よせぎづくり)で、玉眼(ぎょくがん)を嵌入(かんにゅう)する。着衣部には金泥塗(きんでいぬり)のうえに、截金(きりかね)と盛上(もりあげ)彩色をまじえた文様が確認できる。

東京都指定文化財 釈迦如来坐像
[しゃかにょらいざぞう]

東京・光厳寺
木造 金泥塗・古色 玉眼
像高 51.2㎝
南北朝時代 康安2年(1362) 運朝(うんちょう)作

両袖が膝を覆って長く垂下し、裙(くん)も脚前に短く垂れる法衣垂下像(ほうえすいかぞう)の代表的作品である。肉髻(にっけい)が低平で、螺髪(らほつ)を大粒にあらわし、髪際(はっさい)が波打つ頭部の形状や、やや猫背で厚みのある体型には、13世紀半ば以降の鎌倉で流行した、いわゆる宋・元風が顕著にあらわれている。ヒノキ材の寄木造(よせぎづくり)で、頭・体部を別材より彫成し、玉眼(ぎょくがん)を嵌入(かんにゅう)する。
像内胸部に墨書銘があり、康安2年(1362)の法印(ほういん)運朝(うんちょう)の作と知られるほか、明極楚俊(みんきそしゅん)(1262~1336)のものと伝えられる遺骨を納めている。運朝は、南北朝時代に鎌倉を拠点に活躍した仏師で、「運慶五代」を名乗った。本像の引き締まった顔つきや動きのある衣文には、運慶末流を称するにふさわしい、力強い作風がうかがえる。

重要文化財 弁才天坐像
[べんざいてんざぞう]

神奈川・鶴岡八幡宮
木造 彩色 玉眼
像高 95.8cm
鎌倉時代 文永3年(1266)

鶴岡八幡宮に伝来した、琵琶(びわ)を抱え、両脚を左方にくずして坐る女神形の像。上半身は裸形(らぎょう)で、下半身に腰布を巻くところまでは木彫(もくちょう)で造られ、その上に布製の衣を着せる。いわゆる裸形着装像(らぎょうちゃくそうぞう)の一例で、鎌倉周辺には本像のほかにも、青蓮寺(しょうれんじ)の弘法大師坐像(鶴岡八幡宮旧蔵)や江ノ島神社の弁才天坐像等がある。右脚底部に刻まれた銘文により、本像が文永3年(1266)に造立され、造立願主は鶴岡八幡宮楽所(がくそ)の中原光氏(なかはらみつうじ)(1218~90)であったこと等が判明し、音楽を司る尊像として信仰されたことがうかがえる。寄木造(よせぎづくり)で、玉眼(ぎょくがん)を嵌入(かんにゅう)する。実人的な面貌には鎌倉時代後期の作風が顕著に表れている。

重要文化財 天神坐像
[てんじんざぞう]

神奈川・荏柄天神社
木造 彩色 玉眼
像高 83.5cm
鎌倉時代 弘長元年(1261)

荏柄(えがら)天神社は縁起によれば長治元年(1104)に天神画像がこの地に降臨したことに始まるといい、のちに源頼朝が自らの館の鬼門の守護神として尊崇したと伝える。
本像は冠をかぶり、袍(ほう)と表袴(うえのはかま)を着して坐す男神坐像。眉尻を吊り上げて眼を見ひらき、口は少し開いて上歯を見せている。やや小ぶりの等身大の像だが、いわゆる「怒り天神」の部類に属するいかめしい像容である。像内の内刳(うちぐり)部には背骨や肋骨などが朱で描かれ、その上に墨書で銘文が記される。これによれば本像は、荏柄社神主の平政泰(たいらのまさやす)を施主として弘長元年(1261)に造立されたものとわかる。

重要文化財 上杉重房坐像
[うえすぎしげふさざぞう]

神奈川・明月院
木造 彩色 玉眼
像高 68.2㎝
鎌倉時代(13世紀)

上杉重房(生没年不詳)は、鎌倉幕府6代将軍となった宗尊親王(むねたかしんのう)に随行して京都から鎌倉に下り、将軍側近の近習として活躍した武将である。その孫清子(せいし)は足利尊氏(たかうじ)・直義(ただよし)の生母であることから、足利氏の外戚(がいせき)として重用され、後の上杉氏興隆の礎を築いた。
像は、立烏帽子(たてえぼし)を被り、狩衣(かりぎぬ)、指貫(さしぬき)を着けて、手に笏(しゃく)を執って安坐する姿にあらわされる。面部は個性的で、下がった目尻、やや厚めの口唇、短めの山羊鬚(やぎひげ)に像主の特徴が顕著で、公家出身らしい温和な雰囲気を感じさせる。
本像のように強装束(こわしょうぞく)による体部の簡略かつ大胆な構成は、建長寺北条時頼像や東京国立博物館所蔵の伝源頼朝像とも共通する。制作年代はこれらの像に近い13世紀後半と考えられる。

  • デジタルビューア
  • e国賓
  • なら仏像館
  • ColBase