特別展・特別陳列

特別展

第60回 正倉院展

 正倉院展は戦後間もない昭和21年(1946)に始まり、途中東京で開催された3回を除くと、奈良国立博物館での開催は今年で60回を迎えます。その間に出陳された宝物の数はのべ4,000件に及び、700万人を超える方が観覧に訪れました。
今年は北倉8件、中倉33件、南倉25件、聖語蔵(しょうごぞう)3件の69件の宝物が出陳され、うち19件が初出陳です。展示の構成は、光明皇后によって大仏に献納された聖武天皇遺愛の宝物に始まり、佩飾品(はいしょくひん)など、皇族・貴族たちの献納品、天蓋(てんがい)など仏具、飲食器、文書、経典となっています。
 聖武天皇遺愛の宝物は、正倉院香木の双璧の一方とされる全浅香(ぜんせんこう)、全面に精緻な文様を彫刻した刻彫尺八(こくちょうのしゃくはち)、鏡背を螺鈿による花文様で埋め尽くした平螺鈿背八角鏡(へいらでんはいのはっかくきょう)などが出陳されます。皇族・貴族たちの献納品と考えられる宝物には、ササン朝ペルシアからもたらされた白瑠璃碗(はくるりのわん)のほか、木画細工が見事な紫檀木画双六局(したんもくがのすごろくきょく)、鏡背に山水や人物などを鋳だした山水人物鳥獣背円鏡(さんすいじんぶつちょうじゅうはいのえんきょう)などがあります。さらに、献納品を収めた箱にも蘇芳地金銀絵箱(すおうじきんぎんえのはこ)のように美しい工芸品を見ることができます。
 献納品のうち、佩飾品とは腰飾りのことで、刺繍やガラス玉の美しい紫皮裁文珠玉飾刺繍羅帯残欠(むらさきがわ祭文しゅぎょくかざりししゅうらのおびざんけつ)のほか、犀角魚形(さいかくのうおがた)や水精玉(すいしょうのたま)などの装身具が出陳され生ます。仏具は天蓋の関連品がまとまって出陳され、あわせて金銅鎮鐸(こんどうのちんたく)や珍しい金属製の幡(はた)である金銅幡(こんどうのばん)などが出陳されます。このほか、思わず笑みを誘われる椰子実(やしのみ)、虹龍(こうりゅう)と称される貂(てん)のミイラなどなど異色の宝物が出陳されます。
 正倉院展を通して奈良朝の人々の文化や暮らしを身近に感じ、また当時の社会に対して理解を深めていただければ幸いです。

中倉68 白瑠璃碗
南倉182 方形天蓋
中倉172 紫檀木画双六局

会 期

平成20年(2008)10月25日(土)~11月10日(月)

会 場

奈良国立博物館 東新館・西新館

開館時間

午前9時~午後6時
※金曜日、土曜日、日曜日、祝日は午後7時まで

観覧料金

個人前売/団体オータムレイト
一般1,000 円900 円700 円
高校・大学生700 円600 円500 円
中学生以下400 円300 円200 円
  • 団体は責任者が引率する20名以上です。
  • オータムレイトは、閉館の1時間30分前以降に販売する当日券の料金です。(販売は当館当日券売場のみ)
  • オータムレイトチケットの購入者には、記念品として、昭和21年(1946)開催の「正倉院特別展観」(第1回正倉院展にあたります)の復刻版チケットを進呈します。
  • 障害者手帳をお持ちの方(介護者同数を含む)は無料です。
  • この観覧料金にて平常展もご覧になれます。

出陳品

69件(北倉8件、中倉33件、南倉25件、聖語蔵3件)
うち初出陳19件

関連イベント

すべて終了いたしました

  • 平成20年(2008)10月11日(土)      まほろば寄席
  • 平成20年(2008)10月25日(土)      大バッハ、奈良に降臨 !!
  • 平成20年(2008)11月1日(土)~3日(祝) 音燈華(イベントチラシ)
  • 平成20年(2008)11月3日(祝)       正倉院学術シンポジウム2008
  • 平成20年(2008)11月4日(火)       留学生の日
  • 平成20年(2008)11月7日(金)・8日(土) オペラ「月の影」(イベントチラシ)
  • 平成20年(2008)11月7日(金)・8日(土) 燈花会 in 正倉院展
  • 会期中毎日                 野点のお茶会

公開講座

終了いたしました

平成20年(2008)10月25日(土)「正倉院の白瑠璃碗」
岡山市立オリエント美術館長 谷一 尚氏

平成20年(2008)11月1日(土)「正倉院に伝わる天蓋をめぐって」
宮内庁正倉院事務所保存課整理室長 西川 明彦氏

平成20年(2008)11月8日(土)「正倉院宝物とシルクロード」
当館学芸部工芸考古室長 内藤 栄

主 催

奈良国立博物館

協 賛

NTT西日本、近畿日本鉄道、JR東海、ダイキン工業、大和ハウス工業、帝塚山学園・帝塚山大学、日本生命

特別協力

読売新聞社

協 力

NHK奈良放送局、奈良テレビ放送、日本香堂、仏教美術協会

主な出陳品

北倉41 全浅香
[ぜんせんこう]

香木
1材、長105.5cm

北倉23 刻彫尺八 
[こくちょうのしゃくはち]

1管、長43.7cm

北倉42 平螺鈿背八角鏡 
[へいらでんはいのはっかくきょう]

螺鈿かざりの鏡
1面
径32.8cm 縁厚0.7cm 重3514.8グラム

北倉162 延暦六年六月二十六日曝凉使解  
[えんりゃくろくねんろくがつにじゅうろくにちばくりょうしのげ]

宝物の点検記録
1巻、縦28.0cm 横757.0cm

中倉68 白瑠璃碗
[はくるりのわん]

カットグラスの碗
1口
口径12.0cm  高8.5cm  重485グラム

中倉172 紫檀木画双六局
[したんもくがのすごろくきょく]

すごろく盤
1基
縦30.6cm 横54.5cm 高17.8cm

南倉70 山水人物鳥獣背円鏡

[さんすいじんぶつちょうじゅうはいのえんきょう]

山水に人物や鳥獣を表した鏡
1面
径31.0cm 縁厚0.9cm 重4802グラム

中倉162 黒柿両面厨子
[くろがきのりょうめんずし]

両面開きの戸棚
1基
高52.0cm 幅65.5cm 奥行34.5cm

中倉152 蘇芳地金銀絵箱
[すおうじきんぎんえのはこ]

献物の品を入れた箱
1合
縦30.3cm 横21.2cm 高8.6cm

中倉95 紫皮裁文珠玉飾刺繍羅帯残欠
[むらさきがわさいもんしゅぎょくかざりししゅうらのおびざんけつ]

珠や刺繍で飾った帯
2片
現長85.0cm 幅7.0cm

中倉97 犀角魚形
[さいかくのうおがた]

腰飾り
1双
長3.6cm 幅1.5cm 厚1.0cm

南倉182 方形天蓋
[ほうけいてんがい]

1張
縦193.0cm 横205.0cm

南倉156 金銅幡
[こんどうのばん]

1旒
長175.0cm 幅15.5cm

南倉174 椰子実 
[やしのみ]

1箇
直径11.8cm 高10.6cm 口径3.0cm 重170グラム

南倉174 虹龍
[こうりゅう]

1箇
長23.0cm

  • デジタルビューア
  • e国賓
  • なら仏像館
  • ColBase