特別展・特別陳列

特別展

第58回 正倉院展

 本年は聖武天皇の1250年目の御遠忌(ごおんき)に当たります。天皇の崩御より四十九日目に、お后の光明皇后が天皇遺愛の品々600点ほどを東大寺大仏に献納しました。この宝物は正倉院宝庫の北倉に収納され、やがて正倉院宝物を形作る核となりました。今年は正倉院宝物成立にとっても記念すべき年であると言うことができます。
 今年の正倉院展の宝物は、聖武天皇の業績を物語る品や遺愛品が多く含まれる点に特徴があります。聖武天皇が国分寺、国分尼寺を建立したことはよく知られていますが、その関連品として続修正倉院古文書(ぞくしゅうしょうそういんこもんじょ)第一巻、勅書銅板(ちょくしょどうばん)、金光明最勝王経帙(こんこうみょうさいしょうおうきょうのちつ)が出陳され、総国分寺である東大寺の前身寺院に関する記録として続々修正倉院古文書(ぞくぞくしゅうしょうそういんこもんじょ)第二十四帙第五巻が展示されます。また、聖武天皇の遺愛品として、七条刺納樹皮色袈裟(しちじょうしのうじゅひしょくのけさ)をはじめ、鳥毛篆書屏風(とりげてんしょのびょうぶ)、紅牙撥鏤尺(こうげばちるのしゃく)、長斑錦御軾(ちょうはんきんのおんしょく)などが出陳されますが、光明皇后が宝物を献納したときの目録である東大寺献物帳(とうだいじけんもつちょう)のうち高名な「国家珍宝帳(こっかちんぽうちょう)」が出陳されることは、特に注目されます。また先述の七条刺納樹皮色袈裟(しちじょうしのうじゅひしょくのけさ)も「国家珍宝帳」の筆頭におかれる宝物として とりわけ大切にされてきたことがわかります。なお、正倉院宝物には聖武天皇の遺愛品以外に、大仏開眼会(かいげんえ)の折に皇族や貴族たちが献納した品々が数多く見られますが、今回は聖武天皇の夫人であった橘夫人(たちばなぶにん)が献納した犀角把白銀葛形鞘珠玉荘刀子(さいかくのつかしろがねかずらがたのさやしゅぎょくかざりのとうす)のほか、おそらく開眼会に際し献納されたと考えられる緑瑠璃十二曲長坏(みどりるりのじゅうにきょくちょうはい)が展示されます。
 ところで、正倉院宝物は奈良時代から平安時代初期にかけしばしば出庫と入庫がありましたが、中でも天平宝字八年(764)に勃発した恵美押勝(えみのおしかつ)[藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)]の乱に際し、武器武具が大量に用いられたことがもっとも大きな出庫であったと考えられます。今回は馬具や武器が8件展示されますが、そのうち漆葛胡禄(うるしかずらのころく)は押勝の乱のため一旦出庫され、失われることなく再入庫された品と考えられています。今回の正倉院展は正倉院宝物の成立と宝物のたどった歴史を観覧することができる構成となっています。
 聖武天皇が生涯もっとも力を注いだ事業は、東大寺の建立と大仏の造立でした。今回の正倉院展には東大寺で用いられた仏教工芸品の優品が展示されます。籠箱(こばこ)、蘇芳地六角几(すおうじのろっかくき)などの献物箱・献物几(けんもつき)をはじめ、白石火舎(はくせきのかしゃ)、黄銅柄香炉(おうどうのえごうろ)、黄銅合子(おうどうのごうす)、金銅水瓶(こんどうのすいびょう)、磁皿(じざら)、磁鉢(じはち)などの供養具(くようぐ)、僧侶が用いた玳瑁如意(たいまいのにょい)、法会を荘厳(しょうごん)した孔雀文刺繍幡(くじゃくもんししゅうのばん)、幡脚端飾(ばんのきゃくたんかざり)などのほか、法会の楽舞で用いられた楽器や楽人の装束(しょうぞく)が出陳されます。
 このほか、正倉院鏡では唯一の銀貼鏡(ぎんばりきょう)である金銀山水八卦背八角鏡(きんぎんさんすいはっけはいのはっかくきょう)とその鏡箱である八角高麗錦箱(はっかくこまにしきのはこ)、最近新羅経(しらぎきょう)説が唱えられた大方広仏華厳経(だいほうこうぶつけごんぎょう)巻七十二~八十が出陳されることも注目されます。また、近年宮内庁正倉院事務所で行われた皮革調査の成果を反映し、皮革製品が多く展示されている点にも特徴があります。

北倉 44 鳥毛篆書屏風
北倉 1 七条刺納樹皮色袈裟
北倉158 東大寺献物帳 「国家珍宝帳」

会 期

平成18年(2006)10月24日(火)~11月12日(日)全20日
会期中無休

会 場

奈良国立博物館 東・西新館

開館時間

午前9時~午後6時
※金曜日(10月27日、11月3日、10日)は午後7時まで
入館は閉館30分前まで

観覧料金

当日前売/団体
一般1000 円900 円
高校・大学生700 円600 円
中学生以下400 円300 円
  • 団体は責任者が引率する20名以上。
  • 障害者手帳をお持ちの方(介護者1人を含む)は無料。
  • 前売券は、近鉄・JR西日本の主要駅、電子チケットぴあ・ファミリーマート・サークルK・サンクス(以上、Pコード:686-897)、ローソンチケット(Lコード:54900)、JTB、ジェイアール東海ツアーズ、日本旅行、及びイープラス[9月22日~11月12日]、当館[9月22日~10月22日]にて発売。
  • この観覧料金にて平常展もご覧になれます。

展示宝物

68件(北倉13件、中倉26件、南倉26件、聖語蔵3件)
うち初出陳13件

公開講座

終了いたしました

平成18年(2006)10月28日(土)「聖武天皇に見る仏教政治思想」
東大寺別当・華厳宗管長 森本 公誠

平成18年(2006)11月4日(土)「正倉院と奈良朝絵画」
当館学芸課長 梶谷 亮治

平成18年(2006)11月11日(土)「宝物の献納について」
宮内庁正倉院事務所長 北 啓太

  • 各回とも当館講堂において、13時30分から(開場は13時)。
  • 聴講無料、定員200名。

主 催

奈良国立博物館

協 賛

NTT西日本、近畿日本鉄道、JR東海、ダイキン工業、大和ハウスグループ、帝塚山学園・帝塚山大学、日本生命

協 力

読売新聞社、NHK奈良放送局、奈良テレビ放送

主な出陳品

北倉14 勅書銅板
[ちょくしょどうばん]

銅版に刻まれた聖武天皇の願文
1枚
縦32.8cm 横20.7cm 厚0.1~0.2cm

中倉57 金光明最勝王経帙
[こんこうみょうさいしょうおうきょうのちつ]

お経のつつみ
1枚
縦30cm 横53cm

北倉1 七条刺納樹皮色袈裟
[しちじょうしのうじゅひしょくのけさ]

1領
幅247cm 縦145cm

北倉44 鳥毛篆書屏風
[とりげてんしょのびょうぶ]

鳥毛の文字屏風
2扇
第1扇(写真右)長149.0cm 幅56.5cm
第2扇(写真左)長149.3cm 幅56.8cm

北倉24  白石鎮子(戌・亥)
[はくせきのちんす (いぬ・い)]

大理石のレリーフ
1箇
縦21.2cm 横32.0cm 厚4.6cm 重9112g

北倉13 紅牙撥鏤尺
[こうげばちるのしゃく]

染め象牙のものさし
1枚
長30.3cm 幅3.0cm 厚1.0cm

北倉47 長斑錦御軾
[ちょうはんきんのおんしょく]

錦貼りのひじかけ
1箇
高15.0cm 長70.0cm 幅20.5cm

北倉158 東大寺献物帳「国家珍宝帳」
[とうだいじけんもつちょう「こっかちんぽうちょう」]

献物品の目録
1巻
本紙縦25.9cm 全長1474 軸長29.3cm

中倉131 犀角把白銀葛形鞘珠玉荘刀子
[さいかくのつかしろがねかずらがたのさやしゅぎょくかざりのとうす]

小刀
1双
ともに 全長18.8cm 把長9.1cm 鞘長13.8cm
身長8.4cm 茎長4.6cm

中倉72 緑瑠璃十二曲長坏
[みどりるりのじゅうにきょくちょうはい]

色ガラスのさかづき
1口
長径22.5cm 短径10.7cm 高5.0cm 重775g

中倉12 馬鞍
[うまのくら]

馬具
1具
鞍橋 前輪高27.0cm 後輪高24.0cm、鞍褥 前後間の長37.0cm
シタグラ 長51.5cm、 ナメ 上部長53.3cm

南倉70 金銀山水八卦背八角鏡
[きんぎんさんすいはっけはいのはっかくきょう]

銀貼りの鏡
1面
径40.7cm 縁厚1.2cm 重7483g

南倉52 黄銅柄香炉
[おうどうのえごうろ]

柄付きの香炉
1柄
長39.6cm 高7.1cm 炉口径11.7cm

南倉30 黄銅合子
[おうどうのごうす]

塔形のふたもの
1合
径8.5cm 高15.9cm 重406.1g

南倉24 金銅水瓶
[こんどうのすいびょう]

みずさし
1口
口径8.8cm 胴径11.2cm

南倉180 孔雀文刺繍幡
[くじゃくもんししゅうのばん]

1枚
縦81.2cm 横30.0cm

中倉165 白石火舎
[はくせきのかしゃ]

大理石の香炉
1口
口径40.0cm 高2.6cm

  • デジタルビューア
  • e国賓
  • なら仏像館
  • ColBase