特別展・特別陳列

御遠忌800年記念 特別展

大勧進 重源
―東大寺の鎌倉復興と新たな美の創出―

 治承(じしょう)4年(1180)、平氏の南都(なんと)焼き打ちにより、東大寺・興福寺は甚大な被害を蒙(こうむ)りました。東大寺においては、大仏殿が焼け落ち、本尊盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)が大破したのをはじめ、堂塔伽藍(どうとうがらん)の多くが、内部に安置されていた幾多の尊像とともに灰燼に帰しました。しかし、平氏の没落と源頼 朝の覇権確立を背景に、後白河法皇をはじめ、朝野をあげて復興に取り組んだ結果、建仁(けんにん)3年(1203)には東大寺総供養が行われるにいたりました。
 この間、東大寺再建の大勧進(だいかんじん)として諸堂・諸仏の再興に尽力したのが、中国・宋を三度にわたって巡礼した経験をもち、当時すでに六十歳を超えていた俊乗房重源(しゅんじょうぼうちょうげん)その人です。重源の指導のもと、大仏の再鋳(さいちゅう)や大仏殿の再建、仏堂内の諸仏の造立が次々と実現してゆきますが、その過程で、仏像の世界では巨匠運慶(うんけい)・快慶(かいけい)ら慶派仏師(けいはぶっし)によって写実性と躍動感に富んだ鎌倉彫刻が成立し、また建築の分野では大仏様(だいぶつよう)と呼ばれる新しい様式が開花しました。この鎌倉新様式は、奈良~平安前期の古典的美術と、新しく渡来した宋様式の研究・消化によって確立したと考えられますが、重源がその成立に大きく関与したことは疑いありません。
 また重源は、東大寺再興のための拠点として、周防(すおう)・播磨(はりま)・伊賀(いが)・摂津(せっつ)等に別所(べっしょ)を設け、ここにも重源独自の思想にのっとった形式の仏像や舎利(しゃり)関係の工芸品などが納められました。若くして醍醐寺に、つづいて高野山に入り、真言僧として歩んだ重源の思想の根本には、真言密教の土台の上に築かれた阿弥陀・舎利信仰があったと考えられますが、天平の昔、大仏鋳造に献身的に協力した高僧行基(ぎょうき)の存在も大きな影を落としていたはずです。
  平成18年(2006)は重源没後800年の節目の年です。これを記念して、重源の肖像や重源が生み出した各種の美術作品、その生涯や思想に関する様々な史料を一堂に会し、その文化史上の巨大な足跡を振り返ります。

国宝 重源上人坐像
(奈良・東大寺)
重要文化財 東大寺大仏縁起
(奈良・東大寺)

会 期

平成18年(2006)4月15日(土)~5月28日(日)

会 場

奈良国立博物館 東・西新館

休館日

毎週月曜日
※ ただし、5月1日(月)は開館

開館時間

9:30~17:00 [毎週金曜日は19:00まで開館]
※入館は閉館の30分前まで

観覧料金

当日前売り・団体
一般1000 円900 円
高校・大学生700 円600 円
中学生以下無料無料
  • 団体は責任者が引率する20名以上。
  • 障害者手帳をお持ちの方(介護者1人を含む)は無料。
  • 前売券は、近鉄ステーションサービス、近鉄の主要駅、ローソンチケット(Lコード:56616)、電子チケットぴあ・ファミリーマート・サンクス・セブンイレブン(Pコード:686-508)、JTB、ジェイアール東海ツアーズにて3月16日より取り扱います。
  • この観覧料金にて本館平常展もご覧になれます。

出陳品

出陳件数:135件(うち国宝10件、重要文化財63件)

公開講座

終了いたしました

平成18年(2006)4月22日(土)「重源の五台山文殊信仰と作善 ―東大寺復興をめぐって―」
当館研究員 谷口 耕生

平成18年(2006)5月 6日(土)「東大寺領荘園と別所の経営」
当館研究員 野尻 忠

平成18年(2006)5月13日(土)「重源の舎利信仰と美術 ―三角五輪塔を問い直す―」
当館工芸考古室長 内藤 栄

平成18年(2006)5月20日(土)「重源の生涯とその事績 ―仏像を中心に―」
当館美術室長 岩田 茂樹

※各回とも開講は午後1時30分。(午後1時より講堂入口で整理券を配布します)
 当館講堂にて。聴講無料。定員200名。

ギャラリートーク

終了いたしました

平成18年(2006)5月 10日(水)「重源と宋時代の美術」
当館研究員 北澤 菜月

※午後2時から。当館講堂にて。入館者の聴講自由。

主 催

奈良国立博物館、東大寺、朝日新聞社

協 力

日本航空、奈良テレビ放送、財団法人仏教美術協会、奈良交通株式会社

主な出陳品

国宝  重源上人坐像
[ちょうげんしょうにんざぞう]

1躯
木造・彩色 像高81.8cm
鎌倉時代(13世紀)
奈良・東大寺

重要文化財 南無阿弥陀仏作善集
[なむあみだぶつさぜんしゅう]

1巻
紙本墨書 縦30.3cm 長516.0cm
鎌倉時代(13世紀)
東京大学史料編纂所

国宝 僧形八幡神坐像
[そうぎょうはちまんしんざぞう]

1躯
木造・彩色 像高87.1cm
鎌倉時代 建仁元年(1201)
奈良・東大寺

阿弥陀仏手(左手)
[あみだぶっしゅ]

1個
木造・漆箔 全長66.7cm
鎌倉時代(13世紀)
アメリカ・ハーバード大学
(アーサー・M・サックラー美術館保管/チャールズ・ベイン・ホイット氏寄贈)

重要文化財 銅梵鐘
[どうぼんしょう]

1口
鋳鉄製 総高78.7cm 口径46.2cm
安元2年(1176)
和歌山・泉福寺

国宝 鉄宝塔
[てつほうとう]

1基
附 水晶三角五輪塔
鋳鉄製 総高301.3cm 高(相輪のぞく)160.6cm
鎌倉時代 建久8年(1197)
山口・阿弥陀寺

重要文化財 金銅三角五輪塔 付・水晶製舎利容器 
[こんどうさんかくごりんとう]

1基
銅鋳製 一部轆轤成形 鍍金 総高38.7cm
(水晶製舎利容器)高4.7cm (金銅製蓮華座)高7.6cm
鎌倉時代 建久9年(1198)
滋賀・胡宮神社

重要文化財 浄土五祖図
[じょうどごそず]

1幅
絹本著色 縦114.2cm 横61.2cm
中国 南宋時代(13世紀)
京都・二尊院

重要文化財 観経十六観変相図
[かんぎょうじゅうろくかんへんそうず]

1幅
絹本著色 縦209.0cm 横104.5cm
鎌倉時代(13世紀)
京都・長香寺

東大寺大仏殿銘軒丸瓦
[とうだいじだいぶつでんめいのきまるがわら]

1個
径20.3cm 鎌倉時代(12世紀)
奈良・東大寺

  • デジタルビューア
  • e国賓
  • なら仏像館
  • ColBase