Japanese | English

HOME > 展示案内 - 特別展・特別陳列 > 国宝の殿堂 藤田美術館展

国宝の殿堂 藤田美術館展

 大阪市の中心部にある藤田美術館は、明治期に活躍した実業家・藤田傳三郎(1841~1912)と、その息子平太郎、徳次郎によって収集された、9件の国宝を含む日本・東洋美術の屈指のコレクションを所蔵する美術館です。
 藤田傳三郎は、幕末の長州・萩(山口県萩市)の造り酒屋の家に生まれ、明治時代に入ると、大阪で事業を興し、土木建設業や鉄道、鉱業などの事業や、多くの会社設立に関わり、日本の近代化に大きな足跡を残しました。
 傳三郎は事業家として活躍する傍ら、美術品のコレクターとしての道を歩みます。収集を始めたのは、明治維新後の社会変動によって、大名家、豪商、社寺などから流出した美術品の散逸を留め、その価値を顕彰することにありました。そして、藤田美術館は、この優れたコレクションを一般に公開したいという傳三郎の遺志を受けて、昭和26年(1951)開館しました。
 このたびの展覧会は、藤田美術館の改修工事に伴う休館という千載一遇の機会に、コレクションをまとまった形で紹介するものです。藤田美術館のコレクションの種類は、古代から近代まで時代もジャンルも多岐にわたり、奈良ゆかりの仏教美術も含まれています。2千件を越える膨大なコレクションの中から、選りすぐりの名品を奈良国立博物館の展示室でご覧いただきます。

重要文化財 地蔵菩薩立像

重要文化財
地蔵菩薩立像
快慶作

会 期 2019年4月13日(土)~6月9日(日)
会 場 奈良国立博物館 東新館・西新館
休館日 毎週月曜日、5月7日(火) 
※ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・振休)は開館
主催 奈良国立博物館、朝日新聞社、NHK奈良放送局、NHKプラネット近畿
特別協力 藤田美術館
チラシ 藤田美術館展チラシ(PDF,1.6MB)
▲ページトップへ