Japanese | English

HOME > 展示案内 - 特別展・特別陳列 > 特集展示 新たに修理された文化財

新たに修理された文化財

 長い歴史を経て今に伝わる文化財は、その多くが過去に人の手による修理を受けながら大切に保存されてきたものです。 当館では、これらの文化財をさらに未来へと継承していくために、彫刻・絵画・書跡・工芸・考古の各分野の収蔵品(館蔵品・寄託品)について毎年計画的に修理を実施しています。
 本特集展示は、近年修理を行った収蔵品を展示公開し、あわせてその修理内容をパネルで紹介するものです。この展示を通じて、文化財修理に関する博物館の取り組みについて、関心と理解を一層深めていただければ幸いです。  

重要文化財 鳳凰文戧金経箱(当館) 修理の様子

重要文化財 鳳凰文戧金経箱
(当館) 修理の様子

会 期 平成30年12月26日(水)~平成31年1月20日(日)
会 場 奈良国立博物館 西新館
指定 名称 員数 修理内容 修理年度 所蔵者
 
 
木造天部立像 1軀 本格修理 29年度 法明寺
 
 
木造菩薩頭部 1箇 本格修理 29年度 松尾寺
 
 
絹本著色玄奘三蔵像 1幅 本格修理 28年度
~29年度
当館
 
 
絹本著色最勝曼荼羅 1幅 本格修理 29年度 現光寺
重文 法華経(色紙経) 8巻 本格修理 27年度
~29年度
当館
重文 鳳凰文戧金経箱 1合 本格修理 29年度 当館
重文 木造天蓋 附属 鳳凰 1軀 本格修理 29年度 法隆寺
重文 斜縁神獣鏡
(奈良県佐味田宝塚古墳出土品)
1面 クリーニング、
安定化処理、
強化処理、接合 等
29年度 当館
重文 三角縁神獣車馬鏡
(奈良県佐味田宝塚古墳出土品)
1面 クリーニング、
安定化処理、
強化処理、接合 等
29年度 当館

 

 
▲ページトップへ