Japanese | English

源信

 恵心僧都源信(えしんそうずげんしん)(942~1017)は奈良で生まれ、比叡山で修行を積んだ平安時代の僧侶です。源信は死後阿弥陀如来の来迎を受けて、極楽浄土へ生まれることを願う、浄土信仰を広めた僧として知られます。 『往生要集』(おうじょうようしゅう)などにより源信が示した具体的な死後の世界のイメージは、後世へも多大な影響を及ぼしました。
 本展では地獄絵を含む六道絵(ろくどうえ)や阿弥陀来迎図(あみだらいごうず)といった源信の影響下で生まれた名品を一堂に会し、死後の世界へのイマジネーションを体感していただくとともに、真摯に死と向き合った名僧の足跡をご紹介いたします。

国宝 六道絵のうち阿鼻地獄(部分)(滋賀・聖衆来迎寺)

国宝 六道絵のうち阿鼻地獄(部分)
(滋賀・聖衆来迎寺)

会 期 平成29年7月15日(土)~9月3日(日)
会 場 奈良国立博物館 東新館・西新館
主 催 奈良国立博物館、朝日新聞社、NHK奈良放送局
チラシ 源信チラシ(PDF,654KB)
▲ページトップへ