Japanese | English

源信

 恵心僧都源信(えしんそうずげんしん)(942~1017)は奈良で生まれ、比叡山で修行を積んだ平安時代の僧侶です。源信は死後阿弥陀如来の来迎を受けて、極楽浄土へ生まれることを願う、浄土信仰を広めた僧として知られます。 『往生要集』(おうじょうようしゅう)などにより源信が示した具体的な死後の世界のイメージは、後世へも多大な影響を及ぼしました。
 本展では地獄絵を含む六道絵(ろくどうえ)や阿弥陀来迎図(あみだらいごうず)といった源信の影響下で生まれた名品が一堂に会します。死後の世界へのイマジネーションを体感していただくとともに、真摯に死と向き合った名僧の足跡をご紹介いたします。

国宝 六道絵のうち阿鼻地獄(部分)(滋賀・聖衆来迎寺)

国宝 六道絵のうち阿鼻地獄(部分)
(滋賀・聖衆来迎寺)

会 期 平成29年7月15日(土)~9月3日(日)
会 場 奈良国立博物館 東新館・西新館
休館日 毎週月曜日、7月18日(火) 
※ただし7月17日(月・祝)、8月14日(月)は開館
開館時間 午前9時30分~午後6時
※毎週金・土曜日と8月6日(日)~15日(火)は午後7時まで
※入館は閉館の30分前まで
観覧料金
  一般 高校・大学生 小・中学生
当日 1,500円 900円 500円
前売・団体 1,300円 700円 300円

※団体は20名以上です。
※前売券の販売は、6月1日(木)から7月14日(金)までです。
※障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
※この料金で、名品展(なら仏像館・青銅器館)もご覧になれます。
※青銅器館は7月31日(月)から8月10日(木)まで休館いたします。
※7月29日(土)と30日(日)はこども無料日です。小・中学生無料、同伴の保護者は団体料金で観覧できます。
※観覧券は、当館観覧券売場のほか、近鉄の主要駅、近畿日本ツーリスト、JR東海ツアーズ、JTB、日本旅行、ローソンチケット(Lコード57068)、セブン―イレブン、チケットぴあ(Pコード768-302)、イープラスなどで販売いたします。
奈良国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を400円でお求めいただけます。観覧券売場にてキャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証をご提示ください。

 ■■■お得な前売券■■■  販売期間:5月22日(月)~7月14日(金)

  ペアチケット
前売 2,400円 (2枚)

※会期中に2名で1回、または1名で2回のご利用が可能です。

    
  源信展 × 「バベルの塔」展 セット券
前売 2,200円 (2枚)

※源信展と、国立国際美術館で7月18日(火)から10月15日(日)まで開催される「ボイマンス美術館所蔵『バベルの塔』展」のチケットがセットになりました。2展の前売券をそれぞれ買うよりも400円お得です。
※「バベルの塔」展観覧料 : 1,500円 (前売1,300円)
※プレイガイドのみ(ローソンチケット(Lコード 57068)、セブン―イレブン、チケットぴあ(ペア券:Pコード768-302、セット券:Pコード768-303)、イープラスなど)で販売

出陳品 出陳品 約140件(うち国宝約30件、重要文化財約65件)
公開講座 8月5日(土)「浄土の造形―源信以後を中心に―」
武笠 朗 氏(実践女子大学教授)
8月19日(土)「『往生要集』の成立―天台浄土教と源信の信心―」
小原 仁 氏(聖心女子大学文学部名誉教授)
9月2日(土)「源信と浄土信仰の美術」
北澤 菜月(当館学芸部主任研究員)
※詳しくはこちらへ
主 催 奈良国立博物館、朝日新聞社、NHK奈良放送局
後 援 天台宗、比叡山延暦寺、文化庁、奈良テレビ放送
協 賛 あいおいニッセイ同和損保、きんでん、竹中工務店、ライブアートブックス
協 力 凸版印刷、日本香堂、仏教美術協会
チラシ 源信チラシ(PDF,654KB)
▲ページトップへ