Japanese | English

第68回正倉院展

 本年の正倉院展には、北倉(ほくそう)10件、中倉(ちゅうそう)29件、南倉(なんそう)22件、聖語蔵(しょうごぞう)3件の、合わせて64件の宝物が出陳されます。そのうち初出陳は9件です。例年通り正倉院宝物の概要がわかるような構成ですが、本年も宮内庁正倉院事務所による最新の調査成果を反映した内容に特色がみられます。また正倉院正倉の整備事業の完了を受け、宝庫や宝物の来歴を伝えるような宝物も出陳されます。  
 聖武天皇ゆかりの北倉からは、シルクロードの遺風を伝える名品として夙(つと)に有名な漆胡瓶(しっこへい)が、正倉院展では18年ぶりに出陳されます( ※ )。また鳥木石夾纈屏風(とりきいしきょうけちのびょうぶ)は、聖武天皇のお側(そば)近くにあった屏風で、花鳥を愛でた当時の宮廷生活が垣間見られる宝物です。  
 また、本年は聖武天皇一周忌斎会(さいえ)で懸吊された大幡(だいばん)(灌頂幡(かんじょうばん))に関連する宝物がまとまって出陳されるのも注目されます。大幡は総長13~15メートルに及ぶと考えられる巨大な幡で、多数の幡が法会(ほうえ)の場を華やかに飾ったと考えられます。今回は幡の本体、脚、脚先の飾り、芯に使われた裂(きれ)が出陳され、その全容が想像されます。  
 ところで、本年は多種多様な金工品が出陳されるのも注目されます。宝庫に伝わった奈良時代の銅銭、唐と日本の鏡、合金に用いられる金属のインゴットなどの鋳造(ちゅうぞう)に関係する品々、あるいは漆胡瓶と同じく平脱(へいだつ)技法が用いられた竽(う)、笙(しょう)、平脱鳳凰頭(へいだつのほうおうのかしら)などの装飾性豊かな器物類、そして目にも美しい様々な飾り金具など、金属と古代の日本人の関係にも思いを馳せていただければ幸いです。  
 このほか、素材の異なる3種の笏(しゃく)や、高度な技法で作られた象牙(ぞうげ)の櫛、近時の調査で染色材料が判明した愛らしい鳥形の飾りなど、天平の技と風俗にもご注目下さい。
※公開は、御即位20年記念特別展「皇室の名宝」(東京国立博物館 平成21年)以来、7年ぶり   

漆胡瓶

漆胡瓶
(しっこへい)

大幡残欠
(だいばんざんけつ)

待ち時間はこちらからご覧いただけます。
(読売新聞社のホームページにて混雑状況をお知らせしています。)

会 期 平成28年10月22日(土)~11月7日(月) 全17日
会 場 奈良国立博物館 東新館・西新館
休館日 会期中無休
開館時間 午前9時~午後6時
※金曜日、土曜日、日曜日、祝日(10月22日・23日・28~30日、11月3日~6日)は午後8時まで
※入館は閉館の30分前まで
観覧料金
  当日 前売・団体 オータム
レイト
一般 1,100円 1,000円 800円
高校生
大学生
700円 600円 500円
小学生
中学生
400円 300円 200円
親子ペア 1,100円
(前売)

※前売券の販売は、9月7日(水)から10月21日(金)までです。
※親子ペア観覧券は、一般1名と小・中学生1名がセットになった割引観覧券です。前売のみで、販売は主要プレイガイド、コンビニエンスストア(一部)に限ります。(当館観覧券売場では販売していません。)
※観覧券は、当館観覧券売場のほか、近鉄主要駅、近畿日本ツーリスト、JR東海ツアーズ、JTB、日本旅行、ローソンチケット[Lコード:50006]、セブン-イレブン、チケットぴあ[Pコード:767-842]、CNプレイガイド、イープラスなどで販売。
※団体は責任者が引率する20名以上です。
※オータムレイトチケットは、月曜日~木曜日の午後4時30分以降、金曜日・土曜日・日曜日・祝日の午後5時30分以降に使用できる当日券です。当館当日券売場でのみ、月曜日~木曜日は午後3時30分より、金曜日・土曜日・日曜日・祝日は午後4時30分より販売します。  
※障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
奈良国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を400円でお求めいただけます。観覧券売場にてキャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証をご提示ください。

出陳品 64件(北倉10件、中倉29件、南倉22件、聖語蔵3件)、うち初出陳9件
詳細 出陳品一覧はこちらへ
展覧会図録  A4版 136ページ 1,200円
*西新館1階会場内および、
 地下ミュージアムショップにて
 販売しております 。
*図録の購入はこちらへ 
図録
特別展示 ■正倉院宝庫の平瓦
正倉院宝庫は、平成23年から26年にかけて、宮内庁により整備工事が行われました。その際に、屋根から降ろされた奈良時代の平瓦を、正倉院展の期間に合わせて展示いたします。
会場案内図 会場案内図・出陳宝物一覧・展示のみどころ等をまとめました。下記よりダウンロードしていただけます。※展示会場内でも配布しております。
詳細 会場案内図 PDF,2.3MB
ボランティア解説 当館ボランティアによる「第68回 正倉院展」のみどころ解説を下記の予定で、期間中毎日、実施いたします。ご鑑賞の際に合わせて、ぜひご利用下さい。

期  間: 10月22日(土)~11月7日(月)の毎日
場  所: 講堂(各回、先着194名様まで)
料  金: 無料(ただし、正倉院展へ入館された方に限ります)
所要時間: 各30分

実施時間

第1回目 :10:00~
第2回目 :11:00~
第3回目 :12:00~
第4回目 :13:30~
第5回目 :14:30~

※ただし、10月22日(土)、10月29日(土)、11月5日(土)の各日の4回目と5回目は、講座等のため実施いたしません。
ボランティアによる解説の実施一覧表は、
詳細 こちらへ

※各回、開始の20分前より開場します。毎年、ご好評につき各回満席になっております。聴講をご希望のお客様は、早めに講堂へお集まり下さい。

公開講座 10月22日(土)「正倉院宝物の平脱・平文」→ 終了いたしました
木村 法光氏(元宮内庁正倉院事務所保存課長)
10月29日(土)「正倉院に納められた銭貨をめぐって」→ 終了いたしました
細川 晋太郎氏(宮内庁正倉院事務所保存課調査室研究員)
11月5日(土)「正倉院の荘厳具―大幡に寄せて―」
清水 健(当館学芸部工芸考古室長)
※詳しくはこちらへ
正倉院学術
シンポジウム2016
テーマ 「正倉院正倉」
日時:11月3日(木・祝) 午後1時 → 終了いたしました
会場:東大寺総合文化センター金鐘ホール  ※事前申込制
詳細 詳しくはこちらへ
音声ガイド 第68回正倉院展の会場では、3種類のプログラム(日本語一般ガイド/東大寺博士のみどころガイド/English program)の音声ガイドをご利用いただけます。(各バージョン共に1台税込520円)
留学生の日 11月1日(火)は「留学生の日」と銘打ち、海外からの留学生の方を無料でご招待いたします。入館の際、学生証等をご提示ください。→ 終了いたしました
詳細 詳しくはこちらへ
会期中のイベント 「法華寺御流によるいけばなの展示」
 日程:会期中毎日
 場所:奈良国立博物館 西新館1階ロビー
 ※別途「第68回正倉院展」の入館券が必要です
「野点のお茶会」
 日程:会期中毎日
 場所:奈良国立博物館 西新館 南側ピロティー
 受付:西新館1Fロビー
 料金:500円
 時間:10時頃~17時(予定)
 ※別途「第68回正倉院展」の入館券が必要です
 ※担当一覧はこちらへ
託児 「第68回正倉院展」開催期間中、無料の託児室を開設しますのでご利用ください。
※事前予約制
詳細 詳しくはこちらへ
よくある質問 正倉院展について「よくある質問」をまとめましたので、ご参考にしてください。
詳細 詳しくはこちらへ
主催 奈良国立博物館
協賛 岩谷産業、NTT西日本、キヤノン、京都美術工芸大学、近畿日本鉄道、JR東海、JR西日本、ダイキン工業、大和ハウス工業、白鶴酒造、丸一鋼管
特別協力 読売新聞社
協力 NHK奈良放送局、奈良テレビ放送、日本香堂、仏教美術協会、ミネルヴァ書房、読売テレビ
関連リンク 読売新聞「第68回正倉院展」
宮内庁正倉院事務所
チラシ

チラシ(PDF,1.6MB)

※チラシでは金曜日・土曜日・日曜日・祝日の開館時間が午後7時までとなっておりますが、午後8時までに延長いたします。

主な出陳品

※単位は、寸法=センチメートル、重量=グラム   
※画像をクリックすると、より大きな画像が表示されます。

鳥木石夾纈屏風 第2扇 鳥木石夾纈屏風 第1扇

北倉44 鳥木石夾纈屏風
[とりきいしきょうけちのびょうぶ]
[第1・2扇]
(板締め染めの屏風) 2扇
[第1扇]縦148.7 横53.7 本紙縦141.1 横44.7
[第2扇]縦148.7 横53.7 本紙縦138.3 横47.7

 図様を彫り込んだ板に布帛(ふはく)を挟んで染色する夾纈(きょうけち)の技法で、樹下に見返る尾長鳥(おながどり)を左右対称になるよう表した6扇からなる屏風(びょうぶ)のうちの2扇。樹下に鳥獣を表す構図はペルシアに起源が求められるが、国産の絹(絁)(あしぎぬ)が用いられることから、中国の花鳥画の伝統を踏まえ、わが国で製作されたと考えられる。『国家珍宝帳』(こっかちんぽうちょう)に記載された、聖武天皇にゆかりの品である。

漆胡瓶]

北倉43 漆胡瓶 [しっこへい]
(ペルシア風の水差し) 1口
高41.3 胴径18.9

 丸く張った胴部に鳥の頭を思わせる注口(ちゅうこう)をのせ、裾広がりの台脚(だいきゃく)と湾曲する把手(とって)を備えた水瓶(すいびょう)。テープ状にした木の薄板を巻き上げる巻胎(けんたい)技法によって素地(きじ)を成形し、全体に黒漆(くろうるし)を塗った上に、文様(もんよう)の形に切り透かした銀板を貼る平脱(へいだつ)技法で山岳や鹿、オシドリなどを施し、広々とした草原に禽獣(きんじゅう)が遊ぶ様子を表す。西方に由来する器形と、東アジアで編み出された巻胎技法・漆芸技法とが融合した、まさに当時の国際的な交流の産物といえる品である。

出入帳

北倉170 出入帳 [しゅつにゅうちょう]
(宝物出入の記録) 1巻
本紙縦28.8 全長644.6 軸長35.9 (12張7片)

 宝庫北倉の宝物について、倉からの出入を記録した文書(もんじょ)。天平勝宝8歳(756)10月3日に薬物の人参を施薬院へ出蔵した時から、延暦3年(784)3月29日に王羲之(おうぎし)の書法8巻が返納されるまでの記録を年次順に整理する。天平宝字6年(762)12月14日には、欧陽詢(おうようじゅん)の真跡屏風(しんせきびょうぶ)12扇が道鏡(どうきょう)に貸し出され、2年後の7月27日に返却されたことが記されており、これは宮中以外への最初の出蔵として注目される。文中には良弁(ろうべん)や慈訓(じくん)といった高僧の自署もみられる。

楩楠箱

中倉158 楩楠箱 [べんなんのはこ]
(献物箱) 1合
縦26.7 横30.0 総高15.0

 仏・菩薩(ぼさつ)への献納品(けんのうひん)を納めて仏前に進めるのに使用したと考えられる箱を献物箱という。本品はクスノキ材製で、蓋の側面が身の側面と同一面となる印籠蓋造(いんろうぶたづくり)の箱である。ほぼ方形に近い長方形をなし、角は丸め、蓋は大面取(おおめんとり)して簡潔な器形を作りだす。「楩楠」はクスノキの根元に近いこぶになった部分や土中の根から得られた複雑な木理があらわれた素材を指すが、この楩楠をふんだんに用いた本品は、木理の霊妙な美しさが特筆される品である。

粉地金銀絵八角長几

中倉177 粉地金銀絵八角長几 
[ふんじきんぎんえのはっかくちょうき]
(献物用の台) 1基
縦28.8 横44.7 高10.2

 仏・菩薩(ぼさつ)に捧げる献物(けんもつ)を載せた木製の台。花をイメージした長八稜形(ちょうはちりょうがた)の天板に、華足(けそく)と呼ばれる植物をかたどった脚を取り付けている。天板の上面は、縁を白く塗り、中央では緑青(ろくしょう)を重ねて淡緑色としている。天板の側面には、白地に銀泥(ぎんでい)で草花文を表して、随所に飛鳥を描いており、下縁には金泥(きんでい)で連珠文(れんじゅもん)を配している。天板裏面に記された墨書(ぼくしょ)より、東大寺にかつて存在した東小塔院(百万塔を安置した院)にて使用されたと考えられる。

笙

南倉109  [しょう]
(管楽器) 1管
総長57.7 壺径6.8

 笙は長短17本の竹管を壺と呼ばれる円筒形の部材の上に並べた管楽器。本品は管と帯に、竹に人工的に斑文を描き出した仮斑竹(げはんちく)を用いる。木製黒漆塗(くろうるしぬり)の壺には、文様(もんよう)の形に切り透かした銀板を貼り、その上から全面に漆を塗布し、後に文様部分の漆を剥(は)ぎ取る銀平脱(ぎんへいだつ)という技法で、側面に含綬鳥(がんじゅちょう)、草花、腰掛けて笙を奏する人物、底面には向かい合う2羽の含綬鳥を表している。底面と竹管の1管に「東大寺」の刻銘があり、東大寺の諸法会(ほうえ)で用いられたとわかる。

大幡残欠

南倉184 大幡残欠 [だいばんざんけつ]
(大型の染織幡) 1旒
長458 身幅90

 大型の布帛(ふはく)製の幡。錦と綾を組み合わせて作られた幡頭(ばんとう)と幡身(ばんしん)の一部(6坪あったうちの4坪分)に加え、組紐(くみひも)の舌(ぜつ)と幡手(ばんしゅ)が残る。当初はこれに幡脚(ばんきゃく)と脚端(きゃくたん)飾りが付いたので、総長は東大寺大仏に匹敵する13~15メートルに及んだと推測される。天平勝宝9歳(757)に東大寺大仏殿で執り行われた聖武天皇の一周忌斎会(さいえ)にて法会(ほうえ)の場を飾ったものの一つである。  
 染織工芸の粋を尽くした豪奢で巨大な幡は、わが国に花開いた天平文化の精髄を伝えるにふさわしいといえよう。

大幡脚

南倉185 大幡脚 [だいばんのあし]
(大幡の脚) 1条
長190 幅45

 大幡には1旒(りゅう)につき、12条の脚が少しずつずらしながら重ねられていたと推測されており、いずれも継ぎのない1枚の一重(ひとえ)の綾で、左右の端には暈繝染(うんげんぞめ)の絁(あしぎぬ)の縁裂が縫い付けられている。表裏両面に諸色の綾を用いた花形裁文(さいもん)と半切した花形裁文が交互に配置され、一層華麗に装飾が加えられている。  
 本品は大幡脚の残存する1条で、裁文が交互に配置されるに至らず、長大な脚の一部分に過ぎないが、それでも長さは2メートル近くあり、巨大な染織幡を彷彿させるのに十分である。

'浅緑地鹿唐花文錦大幡脚端飾

南倉180 浅緑地鹿唐花文錦大幡脚端飾
[あさみどりじしかからはなもんにしきのだいばんのきゃくたんかざり]
(大幡の脚のかざり) 1枚
縦43.5 横46.5

 大幡の脚の先に付けられた緯錦(ぬきにしき)製の飾り。中央に花文に囲まれた1頭の鹿を主文として配し、副文として五(ぐ)の目に花菱文(はなびしもん)を置いている。大幡の偉容を伝える巨大な脚先飾りでありながら、わが国の好みに傾いた穏やかな雰囲気を湛えており、製作年代も確かめられることから、わが国の染織品の展開を捉える上で重要な作例の一つに数えられる。同文同色の2枚の裂(きれ)を合わせて大幡脚(だいばんのあし)を挟んでいたもので、上辺に覗いているのは8と同様の大幡脚に用いられた緑綾の一部である。

銀平脱龍船墨斗

南倉174 銀平脱龍船墨斗 [ぎんへいだつりゅうせんのぼくと]
(象嵌(ぞうがん)装飾の墨壺(すみつぼ)) 1口
長29.6 高11.7 船の幅9.4

 船形の墨壺(すみつぼ)で、龍頭形(りゅうとうがた)の装飾を付ける。現在糸車や、船体部両側、鼻先、尾部等を欠失するが、概ね当初の形状を保持している。広葉樹材製で、表面には黒漆(くろうるし)を塗って、文様(もんよう)のかたちに切った銀の薄板を貼り付けていたが、龍頭先端の一部を除いてほとんど剝落(はくらく)している。墨壺としては大型で、装飾性が高いことから、実用ではなく儀式用であったと考えられる。  
 なお、龍頭船に似るためこの名が付されているが、仏教美術に表される想像上の怪魚・マカラ(摩竭魚)を表したとする説もある。

磁皿

南倉8 磁皿 [じざら]
(二彩(にさい)の大皿) 1口
口径31.3 底径26.3 高5.6

 二彩(にさい)技法で加飾された大型の皿。白色釉(ゆう)のみを施す底裏を除き、白色釉と緑釉を斑(まだら)に塗って焼き上げている。縁が立ち上がった平たい鉢形で、低い高台(こうだい)が付く。見込みには浅く円形が刻され、見込み及び底裏の中央に各1箇処トチン痕が遺っている。底裏の墨書(ぼくしょ)より、天平勝宝7歳(755)7月19日に行われた、聖武天皇の生母である中宮・藤原宮子(ふじわらのきゅうし)の一周忌斎会(さいえ)にて、聖僧供養(しょうそうくよう)の食作法(じきさほう)に用いられたものと推測される。技法や胎土よりわが国で作られたものであることがわかる。

唐草文鈴

中倉195 唐草文鈴 [からくさもんのすず]
(かざり金具) 10口
径1.4~3.2

 宝庫には多数の鈴や鈴形の玉が伝わる。明治期以降の宝物整理において、同じ形のものを銅線などで括って一括保存がなされた。本品はその中でも最も数が多いもので、728口を数える鈴のうちの10口を銅線で繋いでいる。銅に鍍金を施した球体の中央に鍔(つば)をめぐらし、上部には鈕(ちゅう)を鑞付(ろうづ)けして、下半部は鰐口様(わにぐちよう)の口を開けている。鈴身全体には魚々子地(ななこじ)に唐草文(からくさもん)を線刻している。鈴身の内部には不整形の鉄塊(てつかい)を入れており、涼やかな音を響かせていただろう。

アンチモン塊

南倉174 アンチモン塊 [あんちもんかい]
(アンチモンのインゴット) 1箇
幅8.4 厚4.5 重1088

 アンチモンは金属の一種(記号Sb)で、銀白色の光沢があり、もろく、毒性がある。15世紀頃、西洋で元素として知られるようになり、金属活字などの合金に主に用いられてきた。現在は半導体など電子材料の用途として重要である。本品は金属の鋳塊(ちゅうかい)(インゴット)。白銅塊(はくどうかい)と呼ばれてきたが、近年の調査によりアンチモンと判明した。上面がかまぼこ形をした六面体で、一部に破断面を呈する。金属材料史上、興味深い品である。

牙櫛

中倉123 牙櫛 [げのくし]
(象牙の櫛) 3枚 
各長10.2

 宝庫に伝わる3枚の櫛。同形同大でいずれも象牙(ぞうげ)製の横形の櫛である。それぞれ124本(写真)、125本、129本の歯を挽(ひ)き出しており、1センチメートルあたり10本以上という非常に細かな歯が作られていることから、毛髪の表面を一定方向に整える梳櫛(すきぐし)として用いられたものとみられる。奈良時代の櫛はツゲやイスノキを素材とすることが多いが、日本で産出しない貴重な象牙を用い、極めて高い技術がふるわれた本品は、中国からの舶載品(はくさいひん)と考えられる。

撥鏤飛鳥形

中倉118 撥鏤飛鳥形 [ばちるのひちょうがた]
(染め象牙の鳥形かざり) 3枚
長3.1

 翼を広げて飛ぶ鳥をかたどった象牙(ぞうげ)製の細工物。1羽は藍色に、2羽は蘇芳(すおう)色に染められている。小品ながら目や脚を作り、染めた象牙の表面を彫って白く文様(もんよう)などを表す撥鏤(ばちる)の技法で羽毛を表している。目や脚には孔(あな)が穿(うが)たれており、うち1羽の脚にわずかに紐が残ることから、紐を通して使用したようである。用途は不明であるが、何らかの飾りとして用いられたものであろう。  
 なお、近時行われた調査で、藍色の染料は藍を、蘇芳色の染料は紫根(しこん)を使用していることが判明した。

続々修正倉院古文書

中倉20 続々修正倉院古文書 第四十六帙 第八巻
[ぞくぞくしゅうしょうそういんこもんじょ]
〔写経司解司内穏便事(しゃきょうしのげしないおんびんのこと) ほか〕
(写経所の上申書ほか) 1巻

 経典の貸し借りや写経所(しゃきょうしょ)に関係する文書(もんじょ)を貼り継いで成巻したもの。そのうち著名な文書に「写経司解司内穏便事(しゃきょうしのげしないおんびんのこと)」がある(解は上級の役所に提出する上申書のこと)。これは写経を行う写経生の待遇改善を具体的に箇条書きにした内容で、紙が少なく書き手が多いので、紙が供給されるまで経師(きょうし)(書写係)の招集を停止すること、装潢(そうこう)(装丁係)と校生(こうせい)(校正係)の食事を改善すること、など全6箇条の要求が記されている。写経生の労働環境とそれに対する不満が垣間見える興味深い文書である。