名品紹介 彫刻

  重要文化財
多聞天立像
 

 

 

多聞天立像

拡大図はこちら
 正面
 上半身

たもんてんりゅうぞう

1躯
木造 彩色
像高 155.5(cm)
鎌倉時代(12〜13世紀)

 

 この像は、奈良国立博物館保管の増長天像、興福寺に残る広目天像、現在は広島・耕三寺にある持国天像とともに一具の四天王像を構成していた。
 構造は多少の違いがあるものの、共にヒノキ材で頭体部を別材製とし、頭部は一材から、体幹部も大略一材と背板材から木取りして大きく内刳り、瞳や甲の飾り等の細部を別製貼付とする。
 面相はともに肉の隆起を強調して迫力があり、大きなポーズをとる多聞天像のみならず増長天像の体にも、胸から腹そして下半身へと、各部に量感がありかつ締まった肉付けを施し、そのねじれる様などをも表して、全体として活動的なものとなっている。また、甲や衣の表現も、よくその質感を表している。この様な点からすれば、制作期は鎌倉時代初期と判断されよう。
 多聞天像の細部に注目しておくと、宝塔を挙げる右手の指は第四・五指をまげ、振り下ろす左手の指では第二指を伸ばしている。宝塔を高く持ち上げるタイプの毘沙門天像のうちでは、12世紀前半の法隆寺三経院の多聞像まで遡ることができ、本像は少なくとも平安後期からの伝統の上で作られたものであることが分かる。
 尚、この四天王像一具の伝来に関しては、運慶一派の造像による興福寺北円堂のものであったとする考えがあるが、北円堂の無着・世親像などとの作風比較を踏まえて慎重に決めなければならない。

▲目次へ戻る

▲名品紹介トップへ

前の作品へ
次の作品へ