周辺情報

白毫寺

びゃくごうじ
白毫寺

高円山(たかまどのやま)の中腹に位置しています。天智天皇の皇子、志貴親王の離宮を寺とした説や、大安寺の勤操(ごんぞう)が創建した岩淵寺(いわぶちでら)の一院であったとする説があります。寺伝では、鎌倉時代に西大寺の叡尊(えいそん)によって再興され、その弟子の道照(どうしょう)が一切経の転読を発願し、後に宋から一切経がもたらされてから、恒例の一切経転読がおこなわれるようになったといわれます。室町時代には花見の名所としても知られるようになりました。

現在の本堂や御影堂は江戸時代に再興されました。本尊の阿弥陀如来像は平安時代のもので、宝蔵には閻魔王像などが安置されています。春には境内の五色椿が花をひらき、秋には山門に通じる石段に萩の花が美しく咲きます。

東大寺正倉院興福寺春日大社新薬師寺白毫寺元興寺氷室神社平城宮跡若草山奈良公園